ケーキ生地が余ったら

先日の詩のお誕生日。

前日に生地をしこみ、当日の朝に仕上げたのですが、
突然、教室でも使っている長方形で焼きたくなりまして。。。。

こんな仕上がりになりました。

大人すぎた?

大人すぎた?

きれいに仕上がったとは思いますが、冷静に見て、3歳にはオトナっぽすぎない???

もう少しお誕生日っぽいケーキがよかったかな。。。 と思いました。

で、生クリームも苺もまだあったので、もうひとつ作りました。

といっても、生地は新しくは焼きません。
ここ1カ月のお菓子教室で、残骸ともいえる生地が何枚もあまっており、
上のショートケーキで焼いた生地もあまっていました。

それを並べ、生クリームを塗り、5cm幅にきってクルクルクルクルクル。。。。。

こうなります。

渦巻きケーキ

渦巻きケーキ

ありえない? プレーンとココア生地が混在。 どこを切ってもどちらも存在するように配置してみました
ピンクににじんでいるのはラズベリージャムを使ったシロップ。

この子にお化粧するとこうなるわけです。

バースデーケーキに!

バースデーケーキに!

ハッピーバースデー!とこのケーキをだしたら、朝に四角いケーキをみていた夫と長女は「え????」っと(笑)

「ふっふっふっ」とたくらみ顔で笑いつつカット。

カット面はこうなるわけです。

え? なんで縦???

え? なんで縦???

「え?縦?」 「縦だ。。。」 と驚く二人でしたが、
これは、私のアイデアというわけではなく、こういう作りかたもあるのです。
均一な厚みに生地をきる必要もなく、型がなくても作れる渦巻き成型ケーキ。
縦だから食べやすく、3歳にはとっても良かったようです。

常々、「ショートケーキって白い生地もいいけど、チョコ生地もおいしいよねぇ」という会話を柚とするのですが、
このケーキによって食べ比べることもでき、なかなか楽しいお茶時間となりました。

 

お菓子教室へお越しになった方は、ジェノワーズを焼くとちょっと余ったりすると思いますが、
こうやってもう一つのケーキにすることもできます。お試しくださいね。

 

ショートケーキはリクエストのある一品。
今年のクリスマス前 もしくは 来年の春に、一番上のスタイリッシュバージョンでやってみようかと思います。
もちろんまったくもって未定ですが~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です