2月プラス 春の和食 つづき

もう3月間際。

2月のプラスクラスもおわりました。
食卓に春を呼ぶのは楽しい作業。

雪やなぎ

雪やなぎ

この時期に好きな花はたくさんありますが、雪やなぎも好き。
(家の植え込みにもあるけれど、毎年ものっすごいアブラムシ。。。
花が咲く前にばっさり切ること、すでに7年。 どうすりゃいいんだ。。。)

今月は春の祝い御膳なので、お寿司やら蕪と鯛の炊いたんやら。
蕪と鯛も、食卓に春をもってきてくれています。

 

蕪は葉っぱも食べてネ

蕪は葉っぱも食べてネ

鯛の旨みと鰹昆布出汁。
おいしいお風呂につかったトロトロの蕪が自慢の一品です。

来週にはおひなさま。
生徒の皆さま、ぜひぜひ、春の食卓を作ってくださいね♪

少し話はそれますが。。。
街の花屋さんには球根のお花や桃、桜がいっぱい。
でも、ミモザもすでによく見かけます。

毎年春の後半に活けて楽しむ大好きな花なのに、
あまりにも早すぎるっ!と聞いたところ、ここ数年は気候が安定せず、
花が旬にあわせて生育しないそうです。
それを聞いてなんだかとても憂鬱になりました。

便利な近未来になった世界だけど、こうやってじわじわと肌でその反動を感じるのは、次の世代のことを思うと、
おそろしく感じてしまいます。

心痛むニュースも多い今、自分達を取り囲む世界をきちんと見て、
敬意も恐れも、そして期待も持って日々を暮らさなければ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です