海老マヨ

って、きっと日本でつくられた中華よね。。。

だって、マヨって。。。(笑)
今回のレッスンの主役は焼売であり海老マヨであり、
私にとっては、実はその二つの横にたたずむ副菜2品が、絶対おいしいよ と思っているものであります。

中華は大皿盛りが似合う

夏を先取りするかのような、パンチのきいたナスの料理や
どこか懐かしくほっとする、いんげん豆の醤油煮など。

毎レッスン、この2品が好評なのが私はとっても嬉しい。

今月はレッスンがザ~っと続いているので、昨日の午後1回だけロールケーキが登場したけれど、
それを除くと先週木曜日からずっとこの献立。
今日もレッスン。明日もレッスン。 で、いきなり終了です

そんななか、何度も言われたのが「海老マヨって混ぜるのかと思った」ということ。

深く考えたわけではないのですが、昔好きだったお店の海老マヨが
ソース別添えだったこともあり、こんな仕上がりになっています。

組体操の子供たちのよう。。。(笑)

プリップリに仕上げた海老に上に、ソースをかけています。
でも全然混ぜちゃってもいいのですよ~。

お料理って、それぞれの家の味や盛り付け、
お好きなお店から引き継いだやり方などがあって、レッスンをしていると面白いです。
もう一つのメインは菊花焼売。
フワっとお花に見立てた形の優しい焼売ですが、想像より全然簡単!とのこと。
そういうのもお料理は大事です。

明日で最後ですから、ぜひふんわり仕上がった焼売をとってみませう。
(しかし、天気予報的に私の腕では無理かもしれない。。。。)