手間と美味しさのバランス

私は料理が大好き。

でも一家の主婦でもありますので、子供や家計にあわせた現実的な料理が基本だし、
日々の生活の中で、料理ばっかりもしていられません。

効率とかけたい手間と、食べたい気分と、寝たい気分(笑)と。。。

の中で、手早くおいしいのがやはり一番。

そして時折、とぉ~っても手間をかけて、「うぅぅう。。。おいしぃぃぃ」と言いたい(言わせたい?)お料理も作ります。

 

生徒さんも、どちらものタイプがいらっしゃるし、
お1人の中でもそのそれぞれのタイミングがあるように思えます。

なので、お料理教室は、簡単なもの+ちょっと手をかけたもの というバランスでレッスンを心がけているのですが、
お菓子はまたちょっと違うのです。

お菓子は、手をかけたからおいしい! というものが絶対にある。

でも、手がかからないのにコツさえわかればここまでおいしい!というものもあるのが面白いところ。

 

最近は、この、どちらかのお菓子をレッスンしたいと思っています。
(ショートケーキやムース仕立ては前者、トスカケーキやクッキーは後者かなぁ)

そんななか、来月に行うチーズケーキは、あきらかに後者。

まぜて加えて混ぜて加えて、オーブンにポンっ。  。。。 ひまだわ~ という感じ。
なので、初の試み、軽食をお出しするスタイルにしています。

 

はい。

なのですが。
私が愛するチーズケーキは実はこっちのスタイル↓

チーズタルト

サクサクの生地(パートシュクレ)が土台になります。

でも、この生地だけで1レッスンできちゃう内容なので、
今回は、これはやめて5分で出来ちゃう底生地を使っています。
中の生地は全く同じ。

サクサクのこの生地とチーズの生地はおいしいんだよぉ。。。。
でも、そこにかける手間として、これは妥当か??? と悩んだ末に、否 と判断しました。

なので、今回は上のスタイルではありませんが、
きっと、簡単で美味しい というお声により、軍配があがると信じています。
どうぞお楽しみに!

 

受講予定の皆さま、いつか、台風で家を出られない日あたりに、
パートシュクレの生地を仕込んで、つくってみてくださいね♪