フルーツ漬け

先月の娘の運動会に関西からはるばる足を運んでくれた母。

事前に「おいしいシュトレンを作りたいよ」 と言われていましたので、
個人的にはあまり関心のない(笑)お菓子ながら、友人の力もかり、
昔かよった学校のレシピをみたりしつつ、お勉強。

とくに難しいことはないのだけど、パンのようでお菓子のような不思議な工程が面白く、
少しの配合を変えるだけで、かなり違うものになるシュトレン。

ちょこっとお裾分け すでにクリスマスモード

今更ですが魅了されています(おっそ~い??)

母がいる間にも2回つくり、母には家で作れるように材料とともに持ち帰ってもらいました。
ハロウィンも終わらぬうちから、母は家で焼いていたようです。

私もまた、12月につくるゾ。

 

で、フルーツのお話。
シュトレンはたくさんフルーツがはいるわけですが。。。

普段は市販のフルーツミックスを使っていたのですが、
母が10年以上(?)寝かせていたフルーツ漬けを分けてくれました。
(2年前に分けてって言ったら断られた宝もの (笑))

そちらでつくったシュトレン。

 

ハイ。まったくもって別物でございました。 ふか~い味わいと香り、そして全体的にしっとりと仕上がるシュトレン。

シュトレンは工程もさることながら、フルーツ漬けにこだわるべきだ と
おそらく当たり前なんだろうけど、気が付きました。

 

私「この作り方教えて♪」

母「記憶の彼方」

 

だそうです。

 

さ~。どうしましょうかね。。。