冬のお菓子教室(1-2月)のお知らせ と またまた試作の日々

もう師走が目の前。

おせちの材料も数量とりまとめや最終確認で、少し頭の中が忙しくなってまいりました。
老化を切実に感じてしまう、この数年。
おせちだけは(いや、それ以外もですが。。。)ミスはあってはならぬ。。。。

なのですが、本格的に忙しくなる前に と、1-2月のお菓子教室のレシピを作っています。

 

2018年1月末~2月初にて、行います。

ピーカンナッツと胡桃のタルト

こんな感じ

胡桃は苦みもあるので、ピーカンナッツを主役としつつ、
胡桃のほろ苦さもきかせたザクザクと楽しいタルトです。

で、これがいいわね~ っと、決めて募集を開始し、レシピを書き起こして少しずつアレンジ版もと、レシピ1/3量の手のひらサイズでいろいろ焼いています。

10cmの食べきりタルト

なんと奥が深いことよ。。。

左から時計回りにキャラメリゼしたもの → それに卵を加えたもの → キャラメリゼはせずに卵を加えたもの

 

と、微妙な差でしかないのに、焼き上がりにも食感にも大きな大きな変化がうまれています。

おぉぉ。。。 これは、まいった(笑)
どれもそれぞれの食感と美味しさがあり、どれにするか思いあぐねはじめたcalmo。

こんな時は試食の友へgo。

一般投票の部

私自身の想いや感想、配合の違いは全く告げず、
番号をふってお渡し。
好みを教えてね と。

チーズケーキ以来、数名の友人にこうやって受け取ってもらい、率直な意見を聞いていると
いろんなとらえ方や、好みがあることがわかり、
とても勉強になります。

ありがたや。。。

フロランタンのようなヌガーに近い仕上げのもの(エンガディーネに近い)か、
少し柔らかさのあるもの。
どちらもいいな~と思うので、あとは私の心で決めるだけかな。

 

お菓子には正解がないな  と思う今日この頃です。