12月プラスレッスン 少し苦い思い出とともに

レポート遅くなり申し訳ありません。

 

12月は、去年のサーモンのパイ包み焼きの人気具合をうけ、
パイ第二弾。

思い出のミートパイ(をだいぶ変えてしまったが。。。。)です。

フランス家庭料理を学ぶレッスン

なにこれ、ただのコンソメスープ? と思いきや、
一瞬で優しいフレンチに早変わりするハーブたっぷりのスープや、
フランス中部のリヨンで食べて、なんてシンプルでおいしいお料理 と思ったポテト料理、
そしてミートパイ、前菜をご紹介しました。

ミートパイは子供のころ、年1回、2回くらいしか作ってもらえなかったものですが、
お誕生日などにリクエストしたっけな。。。

しかし、母も私が小学校高学年あたりになると忙しく、なかなか作ってもらえなくなっていました。

でも、中1の時。
ちょっとこりゃつらいな~ ということがあり、家でもズズ~ンと暗く落ち込んで
ついに大泣き。
そんな私に食べたいものを聞いてくれた母。

忙しかっただろうに、その日の夕飯に出たことは忘れません。
これとスイートポテトパイね。。。
うん十年たっていますが、お母さんありがとう。

そして、もう一度つくってくださいませ

 

おいしいものって大事です。

今月は、レッスン後にはシュトレンでコーヒータイムを楽しんでいただき、
どのクラスもお話に花が咲き、私も楽しませていただきました。

切るのが下手なの。。。
これ、改善ポイントだわぁ。