ガトーショコラって!

今日から次女も学校復活。calmoも仲間と2時間、テニスしてきました♪

おととい、大坂なおみ選手の試合を思わず見入ってしまい、サーブに見ほれ。。。。
なんとなくその姿をイメージしながら、バシっとサーブ! 全然入らない!(笑)
うまくなりたいなぁ~ と遠い目。。

レッスンが続いていても、この時々のテニスが無心の時間をくれて頑張れる、いい存在。
そろそろスクールに復活したい2019年です。

 

そして来週からは怒涛のガトーショコラweek。
去年に気まぐれでつくったものが「!!! しっとり!」と我ながら感動し、
すぐさま試作を数回。 すぐにレシピを起こし1年寝かせておきました。

なので試作は今回はあまり必要ないのだけど、「さぁ。どのチョコでやろうか?」というところで最終調整。

チョコレートって甘いだけでも苦いだけでもない。香りも酸味も個性がたくさんで、
個性のあるガトーショコラも作れるし、みんなが大好きなほっこり甘い仕上がりものぞめます。
とっても大人っぽいガトーショコラも焼いたのだけど、やはり万人が好むもの というところに焦点を当てるのが、まずは教室のレシピの基本です。

でも、やはりそこに少しの個性をいれたいのが、私の基本です(笑)

とっても個性のあるチョコレートを仕入れてパクリ。 わ~!これはすごい!  入れすぎたらパンチが効きすぎるわ っと思い、半分配合と3割配合の2台を焼きました。

比べたいから というのもあるのだけど、ひとりでもりもり食べるほどにガトーショコラって消費できないので、
冷蔵庫にたまり続ける試作。

ようやく一斉にカットし、素材のチョコレートとともに夫と長女と食べ比べました。

どれがお好き?

長女は万人うけタイプがお好み。
夫は万人受けタイプもいいが、3割もコーヒーにあうぅ~。

私は、もうどれであっても美味しいじゃないか という境地。
というのも、チョコを食べてガトーショコラを食べた時点で、
あぁ。ガトーショコラってチョコをそのまま生かすんだなぁ と改めて思ったので
その組み合わせは好みがあって当然だと、静観しているわけです。

考えた結果。。。。

今回のレッスンはやはり、万人受けタイプ を作ります。
そして、個性のあるチョコレートを素材としてお出ししますので、その違いを学んでいただきたいと思います。

チョコレートボンボンなどに適しているとされる酸味のあるチョコレート。
これを3割配合したガトーショコラも、ひとかけらご試食いただけるようにしておきますね。

 

ご予約のみなさま、お楽しみに♪

 

なお、最初から「3割配合で作りたい」というご予約の生徒さんは、お知らせくださいませ。
そのように材料を用意しておきます。

そして「3割配合 ”も” 1台持って帰りたい」という方もお知らせを。事前に焼いておきますので、ご購入ください。

そしてシュトレンに引き続き、「買いたい」というかたももちろんお知らせくださいませ(笑)