台所用品店はバースデー

予定のない週末。スキーにでもいくかなと思ったけど、長女が部活(いつものパターン)。

でも、宅配便がきて、予定ができちゃいました(笑)

とても持ち上げられない箱2つを、リビングへずりずり押していき開梱。

生徒の皆さんの食器が届きました。

ここ最近でよく「買いたい」と言っていただいたものを中心に10種類ほどだけセレクトしたのですが
やはり皆さんのテーブルへの関心の高さがうかがえます

右側につみあげられた菊型のお皿は、
お菓子教室くらいは少しポップなお皿もいいか という遊び心で買ったものでしたが
これがとっても人気。

お料理にも出してみたけれど、やはり人気。

普段、シンプルなものが多い私のテーブルコーディネートですが、
少し遊びを入れていくことも大事なのだな と思いました。

事前に作っておいた生徒さんごとのリストとともに検品、仕分け、袋詰め。

「うわぁ 大変だな」 と夫はこの状態をみて言いましたが
私は実はとっても楽しい♪

昭和20年代(だと思う)、祖母の意思で始めた台所用品店。
祖母が徐々に器を目利きするようになったせいか、私の記憶では、商品の半分以上は食器だった記憶です。

こんな風に食器と梱包材(というか、もちろん新聞)がごった返しておかれている中に
祖母や祖父がいたのを覚えています。

まさに「血が騒ぐ。。。」というやつだな と思う日曜の午後でありました。
今、祖父母と会えたらいろんな話が楽しいだろうな~。

 

さて。こんなことをしていてまた忘れそうでしたが、わたくし、またまた一つ歳をとりました。

パパ長女次女のチョイスで2件のケーキ屋さんでそれぞれ買ってくれたケーキ。

今回、我が家用に買い求めたスモーキーなピンクとペパーミントのお皿にのせてみました。
うん。こういうのもいい!

わたくし、なんといってもモンブランが好きでして♪
選べなかったので、「モンブランを半分ずつ食べたい」と、子供のようなリクエストをきいてもらい
ダブルに味わいました。

朝から、長女と次女がコソコソ話してはいたので、なにかあるとは思ったけれど
それぞれが好みをしってチョイスしてくれてとっても嬉しいプレゼントでした。

次女は、ショートケーキを選ばず、チョコレートのロールケーキのようなものを選び、
他の人とはシェアせずに一人で食べてました(分けてはくれたけど(笑))

そして、「ママ。次の私のお誕生日は、これを作ってね」と。
ただのロールケーキじゃなく、なんだかあれこれ層ができているケーキ。

次女の誕生日はあと10日ほど。
え~。もう母は手の込んだのは面倒なのだ。
チョコレートのロールケーキで手を打ってもらおっと。