興味がないなら、興味を持とう。。。?

そのお菓子、興味な~い。

というお菓子、結構あります。

はっきりと、キライ と思うのは、サバラン。。。 ぬれたパンが嫌いなの~(笑)
そして、妊婦の時に妙にお酒のきいたサバランを出されてドン引き ということもあったかな。。。。

でも、まぁ、おいしいとは思うけど、情熱を持つほどでは。。。という存在。

実のところ、今年1,2月でレッスンさせていただいたガトーショコラも
「結局はパサついちゃうし、そこまでたくさん食べたいものでもない」という存在だったのだけど、
おととしに、ふと「こうしてみたらどうなのかしら?」と工程をがらりと変えて
かなり適当に作ったガトーショコラにキラリ。

しっと~り なのよん♪

これは。。。。。 と目をギラギラさせて試作をし、1年温めてレッスン。
みんなにかなり愛していただけるおいしいお菓子となりました。

思えばシュトレンも。。。
興味ナッシング~だったところに、母が「作りたいから教えて!」といってきて、
え~っ っと思いながら、製菓学校時代の本を見たり、
昔のパンの教科書を見たり、友人にきいたりとやっているうちに、
「深い。。。。 深すぎる!」とはまったシュトレンの世界。

これも、大好評。
シュトレンは生徒さんのみ販売もさせていただきましたが、再注文をいただいたり、
来年もレッスンをしてほしい!と言っていただけて、
愛される存在にのぼりつめました。

 

そう。。。

興味はないのは、おいしいものに出会っていないから というのもあるだろうけど、
興味を持とうとしていないだけ。

 

先日、お菓子の道具を整理していて出てきた「もう使わない」と母から送られてきたマドレーヌ型。

「私はフィナンシェがすきなの。マドレーヌは無関心」と、箱に7年ほど眠っていましたが
やいてみましょうかね。。。 と、いきなり焼きました。

1回目。
おいしいけど、食感がちがうな。。。。

2回目。
なるほど、こうすると食感がかるくなるのか。。。

3回目。
お~。。。わかったゾ。

と、たった4個ずつを3回焼いた週末。

かわいいかも。。。

フィナンシェにおけるこだわりをうまく使うことにより、
これまでのマドレーヌの印象がかわりました。

かわいい。。。。。
そして、こやつも奥が深い。。。。

ただいま、マドレーヌさんは関心のあるエリアにぐいぐい入り込んでおります。

興味を持つ。

とっても大切なことだわぁ。。。。

 

と、運動面でも平泳ぎを習い始めたcalmoです(むずかしいけど!)