ガトー・ウィーンエンド

私はきっとガトー・ウィークエンドが好き。
と、長年思っています。

ガトー・ウィークエンドとは「週末に大切な人と食べたいケーキ」という由来のフランスの伝統菓子なのですが、ケーク・シトロンとも呼ばれ、レモンなどのかんきつを加えて作られています。

レモンはジャガイモや玉ねぎと同様、ストックにきらしたくない私の大好きな食材。

とびきりのお気に入りをアイスティーとともに少しずつ食べたいな。。。。。 と思いつつも、実のところ、お気に入りは見つかっていません。
たま~にみかけると買ってみたりもしますが、そもそも、これ!というのを食べたこともなく。
だけど、間違いなく、私が好きなエリアにどっしりといるはずなのです。

うっすら美しくかかったグラスコーティングがシャリっと響き、ほんのり甘く、
スッと酸味が響き、そしてしっとり。
冷やして少しずつ食べたいな。。。。
こんな妄想のお菓子です(笑)

で、1年に1回ほど、突然のひらめきで作っては、「違うな。。。」と思ってきたのですが。

先日作ったもの。ケーク・オ・シトロン。

ふわっと軽く。。。

もう蒸し暑い日々だし、軽い食感で。。。。 と、いつものパウンドとは少し違う感じで作ってみたところ、「!!」「これ、いい!」となりました。

名づけのヘタな私ですが、感覚的にはガトー・シトロン ドゥ エテ。
夏のガトー・シトロン。そのままや~(笑)

私の妄想のガトー・ウィークエンドは少し重めのしっとり濃厚なものなので、
これはその名前にはしたくない。 ガトー・シトロンの方がしっくり。
そして初夏にあわせたい軽さなので、「夏のガトー・シトロン」がピッタリ。

ちょっとこれは予感が♪
今日、もう一度作ってみることとします。

そろそろレッスンの再開にむけて動かなければな とおもっているところ。
持ち帰りを視野にいれて検討しておりまして、お菓子教室はその観点からは適しています。

先日、このケーキを試食して、「あ。これとともに再開してみたい!」と思いました。

ちょっと別の仕事が入っていて、意外と忙しいここ2か月となっているのですが、ここ1,2週間中にご案内いたしますね。

これまで、生徒の皆様とは個別のメールやLineでご連絡させていただいていましたが、
教室の運営やレッスン情報などについては、一律でご案内できるものを用意したい。。。。 と思い、Lineのオフィシャルアカウントを作成しました。
しっかり準備が整ってから、どうだ!とブログなどでご案内し、そこからメッセージ配信を開始するつもりでしたが
じわりじわりと、お友達登録していただいている人数が増えており、「まずい。。。」と笑っております💦

お友達登録していただいている皆様、もう少しサイレントなcalmoをお待ちくださいませ。 再開の折には、ご案内いたします。

以下より「おもてなしの料理教室calmo」オフィシャルアカウントをお友達追加していただけます。

友だち追加