麺つゆでひじきの五目煮

冷蔵庫にあってうれしい常備菜のNo.3に入るであろうひじきの煮物。
食べる長女も食べない長女もがっつり食べます(笑) 
和風オムレツにもできるし、混ぜご飯にもできるし、ひじきは3パックは買って一気に煮込んでストックしています。

以前は出汁をとってたのだけどね~。。。。

作ってもとにかくすぐになくなるし、
最近、しっかり目の味をつけるのがみんなの好みなので、
「もはや、麺つゆでいいのでは????」と作ってみたら、誰も気づかないレベル。
今までの手間を返してくださいませ。。


ということで、今日もチャチャっと煮ましたので、レシピのご紹介です。

写真はひじきを400gほど(3パック)使っていますが、レシピは150g(1パック分)にしておきますね。

ひじきの五目煮 麺つゆで文句なし
【材料】 2カップ分ほど
・ 生ひじき 150g(1カップ)  ※乾燥を使う場合は50㏄ほどかな~(たぶん)
・ 油揚げ  1/2枚
・ 人参   1/2本
・ こんにゃく  1/4枚
・ 牛蒡   細めのもの1本  ※季節柄、新牛蒡を使いました
・ 今回は気まぐれに蕪の葉っぱ  ※インゲン豆をいれることが多いです

・ めんつゆ うどん出汁程度にうすめて400㏄
・ みりん  大1~2 (甘さは好みで)
・ 薄口醤油 大1
・ 塩   1~2つまみ(味をみて調整)

【作り方】
① こんにゃくは湯で30秒ほどゆでる。 ひじきも沸騰した湯にくぐらせて水切りする。

②   人参、こんにゃく、牛蒡ともに好みの細かさにカットする。

  今回はこんな感じ。2,3倍の量はあります。 夕方の適当な写真ですみません💦
  ※上のボウルは牛蒡を水にさらしているところ。

ひじきが黒くてわからない。。。。

③ 鍋に油(私はごま油が好き)を熱し、ひじきを炒める。
④ ひじきの水分が少し飛んだら、根菜(人参と牛蒡)を加えてさっと炒める。
⑤ 残りの材料を加え、塩以外の調味料を一気に加える。
   しっかりかぶる量の水を加えて煮る。
⑥ 沸騰したら灰汁をとり、味をみて塩で調整する。
        ※煮詰まるので、薄めでバランスをとること
⑦ 蓋をして弱火で30分ほど煮る。 水分が多ければ途中で蓋を取り、
   水分がヒタヒタになる程度まで煮詰めて完成。


ここで大事なのは、最後の方には何度か味をみて、好みの味加減に砂糖、しょうゆ、塩などで調整することです。

文章ではなかなか説明が難しいのですが、一番大事なのは塩。
味がうすいな~ ぼやけてるな~ と思う時は、醤油をいれてどんどん味を濃くするのではなく、ひとつまみずつ塩を加えて味を見てください。

塩により、味がシャープになり、今まで見えてこなかった醤油や出汁の味が引き出てきます。


この辺の話は、生徒の皆様は耳にタコかもしれませんね(笑)
「塩の役割は。。。」 とよく話していたcalmoを少し思い出していただきながら、
味を濃くせず、素材の味をはっきり出してお料理をしてみてくださいね。

ちなみに、普段はインゲン豆などの緑の野菜を入れるのですが、
冷蔵庫になかったので。。。。

突然入れて見たくなり。。  ドバっと!


春かぶ  茎だけいただきます

蕪の茎をザクザク。 余熱で火が入るので、最後に投入。
できて間もなくはシャキッとした食感もあっておいしく、しばらくすると存在を消します(入れる意味はあるのか?)

ま、色どりと栄養ということで。

教室では、何度も見直したレシピを基に、ある程度忠実に作りますが、
calmoの普段はこんな感じの、その日の気分。
お料理はそれが楽しいのじゃないかなと思っています。

材料を変える。 つまりは旬のものをどんどん使って行けるのですが
やはり大事なのは味見ですね。 味を見ずして料理は成り立たず。
長いお休みで長女にいくつかお料理を教えましたが、やはりこれが一番何度も伝えたことに思えます。

長女、いい具合に卵丼を作れるようになりました。
これもめんつゆレシピなので、今度、娘が作っているときに写真をとってレシピをのせますね。緊急事態宣言

マスタード炒め その他

こうやって普段の食事をご紹介していこうと写真をとるようになって、
「我が家の洋朝食ははカレー粉とマスタードだらけだわ」と気づきました(笑)

先週は春かぶが買えたので。

春かぶとブロッコリーのカレー炒め

春かぶの茎と一緒に炒めるのも好きですが、前日のお味噌汁で使い切ってしまって
実だけが残っていたのでブロッコリーとともに。

春かぶとブロッコリーのカレー炒め

【材料】4人分
 ・ 蕪        中くらい2個
 ・ ブロッコリー  1/4房
 ・ ももハム    2枚(しかなかっただけ。好きなだけ使ってください)
 ・ オリーブオイル 少々
 ・ 塩        ふたつまみ(ベーコンの場合は、ひとつまみくらい)
 ・ カレー粉    少々

 作り方は先日の春キャベツと同様。
 ① ブロッコリーは固ゆでにし、蕪は食べやすいサイズでスライス
   ※蕪の繊維が固そうだな~と思う時は、繊維は縦に走っていますので、
 水平方向にスライスしましょう。(縦半分に切ってから水平方向にスライス)

 ② フライパンにオリーブオイルを熱し、ももハムと蕪、塩ひとつまみを加えて炒める。
 ③ 蕪が少し柔らかくなってきたら、ゆでておいたブロッコリーを加えてさっと炒める。
 ④ 味をみて、塩ひとつまみほど、そしてカレー粉を少々くわえて混ぜて完成。

 カレーはふわっと香る程度がおすすめです。

 蕪の茎がある場合はブロッコリーは加えず、ざく切りにした茎を一緒に炒めると美味しいです。

 calmoは茎がシャキッとしているのが好きなので③で加えますが、
 柔らかさが欲しい人は②で加えてください。


この日は長女がワッフルを作ってくれたので、私がこの副菜を作りました。

サラダも美味しいけど、少しゆでた野菜の方がたくさんたべれるので、
時間があるときはキャベツなりブロッコリーなり、この日のように蕪などを使って温菜をとるようにしています。


そして今朝。
パンの耳やらバゲッドの端っこがあまると冷凍しておくのですが、それがある程度できた時には前日の夜にフレンチトースト液に漬け込んでおきます。

それをグリルで焼くだけ。

ほうれん草とベーコンのマスタード炒め

パンの端っこのフレンチトーストはむぎゅっとした歯ごたえがあって、
私はフワフワのところよりも好き♪

野菜もたくさん食べてほしいので、ほうれん草1把、さっと塩ゆでし、
ベーコンとともに炒めて、粒マスタード大匙1、塩一つまみを加えて混ぜて終了。

ほうれん草のにがみ、甘みと粒マスタードの相性が抜群。
この組み合わせには、トロッと焼き上げた目玉焼きが大人気です。

長女はほうれん草の上に目玉焼きをのせて崩して食べ、
次女はフレンチトーストの半分はメープルシロップで。半分は目玉焼きにディップしています。

私はフレンチトーストの上にほうれん草、目玉焼きをのせるのが大好きなのですが
あっという間に食べ終わって、おかわりしたくなっちゃうので(笑)
それぞれをゆっくり食べています。  
この長い長いお休み。食べ方を気を付けないと、本当に肉付きがよくなってしまいます💦

作ってみてくださいね~。

こんど、フレンチトーストをご紹介しますね。きちんと写真が取れたら。。。。(これが難題💦)

カオソーイ もう大好き♪

カオソーイ

長らくお越しいただいている生徒さんは、「あれか~♪」と思っていただけるはず。

calmoがタイ料理の中で最も愛しているカレーです。

辛い!甘い!酸っぱい! そしてパリパリ!!!!

タイ北部、チェンマイという都市の名物。
バンコクなどでも食べれますが、北部で食べるカオソイは本当においしい。
学生時代、何度もタイにはいきましたが、
これが食べたくて北部までバスに6時間も7時間も揺られていたのかもしれないくらい愛しています。

屋台のおばさんに聞くと、意外と作り方を教えてくれるので、
いろいろとおそわったナ。。。

このカオソイは私の自慢の一品です。

いつかカフェなどをすることがあったとしても、とつぜん、このカオソイだけはメニューに載せたいくらいです(笑)

生徒の皆様。
暑い日がやってきたら、ぜひ作ってみてくださいね♪

calmo、緊急事態宣言が解除されても、
しばらく様子を見させていただきたいと思っています。
ですが、特別教室として、ポツリポツリと開催しようかと。。。
とびきりの真夏日に、カオソイ、ご紹介できたらハッピーだなぁ。。。。 と思っています。

LINEの公式アカウントを取得しましたので、
メールマガジンおよびLINEにて、今後のお知らせをさせていただく予定です。
詳細はまた後日。。。。(これから子供たちとカタン大会。すっかりのんきな母です)

春キャベツのマスタード炒め

少しずつレシピなどをご紹介しますね。。。 といって、既に1か月近く。

3/1のレッスンを最後にお休みをいただいてすでに2か月半。
意外なことに4月に入ってからは妙に忙しく、あっという間に過ぎてしまっています。
我が家はみな元気。皆様も元気でお過ごしでいらっしゃいますように。。。。

さて。 食材が冬のものが春真っ盛りとなり、
すでにトウモロコシや枝豆を見つける時期にうつりかわってしまいました。
日々のごはんづくりにおいては、その旬をうまく取り入れることが大切ですし、楽しい。


料理教室でご紹介するラインナップとはまた違いますが、普段のごはんづくりの中で、
時々写真を撮っていますので、少しずつご紹介します。

今日はヒラヒラと葉が開いている春キャベツがあったらできる、我が家の朝食のお供。

「春キャベツのマスタード炒め」 2~3人分

【材料】2~3人分 
 ・ 春キャベツ      1/3玉ほど (もっとあっても、もちろん〇) 
 ・ ベーコンスライス  2,3枚 (ブロックももちろん〇)
 ・ 粒マスタード     小さじ2~3 (適当です)
 ・ 塩胡椒         1~2つまみ
   ※calmoは胡椒のかわりに、カレー粉を加えることもあります。
 ・ オリーブオイル   少々 

↑材料です。 切らなくてもよいのだよ~ 。 バリバリっとちぎっちゃおう♪

【作り方】
 ① キャベツは大きめに切る または 手でちぎる。
    → 1分ほどさっとゆがいてザルにあげておく。

 ② ベーコンはお好みのサイズにカットする。
 ③ フライパンにオリーブオイルをいれて中火にかけ、ベーコンを加えて炒める。
 ④ 水をきったキャベツを加え、粒マスタード、塩一つまみを加えて強火で炒める。 
 ⑤ キャベツからでた水分がとんだら完成。 味をみて塩、胡椒でととのえる。

この書き方~! 
使うソフトは違えど、普段のレシピの書き方で、なんだか懐かしい~
生徒の皆さんも、きっと、そう感じてくれているのでは?
   ・・・まったくレシピ開発をしていないことがバレバレ(笑)

出来上がり。 キャベツの甘みとベーコンの旨味をお楽しみに。

このお料理のポイントは、キャベツを湯がくこと。
くたくたにする必要はないのですが、ゆでることで適度に水っぽさを抜きつつ柔らかさを出します。 ただそれだけなのですが、フライパンで直接痛めた場合は、
火が入るまでに時間がかかり、キャベツの甘みも栄養分も損なわれてしまうのです。

ですので、さっと湯がいてさっと炒める。
そして粒マスタードで風味がつき、ベーコンで十分な塩分が入るので
塩など調味料は最小限にします。  春キャベツの甘みがおいしい一品です。

私は最後に少しバターを落としてみたり、カレー粉を加えたり。

これをトーストにのせることもあれば、目玉焼きをのせることもありますが
5分で作れて満足度の高い朝ごはんのレギュラーメニューです。

どうぞ作ってみてくださいね♪

生でも食べられるキャベツ。ゆですぎ、炒めすぎはNGです。
余計なことはしない、引き算のお料理として、覚えてくださいね。




今できることを。そしてcalmoの日常にまさかの。。。

だれも想像できなかったような状況の今日。
心痛めるニュースにも、チャンスのみならず”普通”の日常も奪われていく世の中にも、これが日常だったかのように麻痺してしまいそう。

いつまで続くのかな。。。

そんなふうに私も教室運営者として、母として、そしてテニス(笑)と友人との時間を愛する個人として考えてはいます。

でも、罰則として家に監禁されているわけでもなく、人としての自由を奪われたわけではないのだよな。。。
いつかは回復した街で、社会で普通をとりもどせるのだから、
今、2か月前と同じことができないからってストレスを抱えるのはやめよう。
2か月前にはできなかったこともたくさんあるんじゃないかな~。

そう考えると、「大丈夫だよね???」と不安を抱えながらの無理な外出や、こんなに広まってしまった原因をあれやこれやと文句をいって時間をつぶすことは無駄だし、自分にも家族にも精神的に負でしかないと思うのです。

今できることはたくさんあるし、今じゃなくてもできることもたくさんある。


忙しくてもたくさん子供と触れ合っているつもりでしたが、こうなってみて「こんなに子供と向き合ったのって初めてかも」と思ったときに、ふとそう感じました。

それ以来、気持ちを切り替え、教室も約束もばっさりお休みを決断。
人生で初めてとも思われる、ゆっくりとした日々を過ごしています(笑)

さて、今しかできないこと。。。 そんなcalmoの現在の日常には
20年以上前の杵柄???を駆使して、高1娘の数学を教えたり(時には教えられてしまったり💦)、英語はまだまだ偉そうできるから(笑)鼻高々に教えて見たり。

語彙の怪しい小3娘にクロスワードをさせて、頭の中はお花畑なことを再認識して爆笑したり。。

新しい調味料をかってきて、独断と偏見で料理をして文句を言われたり、ほめられて天狗になったり♪
カレーパンを作ったら横からどんどん食べられたり。。。

揚げたて最高♪

そんなことが中心なのですが、その中でも日々の中心にいきなり居座っているものがコレ。

奥がふかい。。。。

カタンというドイツのボードゲームなのですが、
友人から教えてもらって即購入。
最初は見た目の地味さ?? もあって、なんだこりゃ?という感じでしたが、数回やっていくうちに、なんと奥の深い。。。。

上手になってきた娘たちと共に、ドはまり中。
「今日、ママは朝カタンできる??」とか
「今日は2カタンできるかなぁ」とか、カタンが単位化しています。。。

時には在宅勤務の夫を捕まえ、「パパ!カタンしよ!」と悪魔のささやきをしますが、夫は「いや、仕事だから。。。」と部屋に入っていくので、
「まじめ~」と笑いながら、またカタン。

1回始めると1時間はかかるゲーム。
こんなことは、2か月前までの自分には考えられない。。。
でもゲームをしながらもいろんな話をし、爆笑し、なんだか子供たちと仲良くなってきました(笑)

家族でなにかやりたい!と思っている方がいらっしゃれば、おすすめです。
ネットでポチっと買えますが、今、ボードゲームは品薄なので、1週間ほどは待つようです(お隣さんが先週買ってました(笑))

レッスンはしばらくお休みです

生徒の皆様にはお伝えしておりますが、4月もレッスンをお休み。
5月もいったん、ご予約を白紙にさせていただき、世の中が安定するのを見計らって再稼働したいと考えています。

生徒の皆さんは、今こそ、これまでのレシピをめくって「これ、なんだっけ?」って思う昔のものも追いかけて作ってみてくださいね。 
そして、つくったら教えてほしいし、質問があればどしどしと♪

みなさんとお会いできない状況の中、lineやメール、インスタなどでお話しして、私も元気をもらっています。
次にお会いする時、どんなお料理をご紹介しようかな と考えつつの、しばしの冬眠calmoです。

レッスン再開の折にはインスタ、ブログなどで公開します。
そして、実はメールマガジンをもっています(笑) でも一度もつかっていない。。。

レッスン公開時やスケジュール変更時にはお知らせできるようにしようと思いますので、しばし準備期間をくださいませ💦


今だからできることもたくさんあると思います。
みなさんがお元気で、そして、日々を楽しくお過ごしになられることを願っております。

2020年4月 料理教室calmo
飯島 江里

3月は休講いたします

生徒の皆様にはすでにご連絡済みですが、不安定な世の中の現況を鑑みて、
皆様の不安材料になることをさけるべく、3月は全レッスン休講とさせていただいております。

calmoの1か月停止は、2011年の震災の3月以来。
世の中の不安な雰囲気も、学校や会社の先が見えないことも、スーパーから物がなくなることも、あの時を思い出します。
時間はかかりながらも、みな、普段の生活をたてなおしてきました。

この春も、そうやって少しずつ街に安心が戻ってくることを願います。


calmoは元気です♪ みなさまも健やかにお過ごしくださいませ。

4月からは通常通りレッスンを行います。

3-4月定番レッスンおよび、マドレーヌ&プリンのレッスンは4月に振替レッスンをいくつか設けておりますので、カレンダーをご確認ください。

料理教室calmo レッスンスケジュールへ

レッスン日追加のお知らせ

お知らせです。

3-4月定番レッスンと、4月プラスレッスンにて
土日における残席数がすくなく、キャンセル待ちも発生しているため、
1クラスずつ追加しました。

4/26(日)am 4月プラス
4/26(日)pm 3-4月定番

この2レッスンが追加となっています。

ご移動やご予約などがあればお知らせください。

2月プラスは濃厚を楽しもう

2月プラスレッスンが始まっています。
2月はバレンタインのお菓子のリクエストもあって、フレンチやイタリアンにすることが多いのですが、今年も例外なく。

シュトレンのレッスンでお出ししたハンバーグが好評だったので、
少し作りやすくアレンジをしたものです。
程よく赤ワインがきいていて、ハンバーグ自体もそのコクのあるソースにあう内容にしています。

大好きなカリフラワーを使った前菜や、
事前に作っておけるトスカーナ地方のペンネなど、濃厚さを楽しむフレンチとなっています。

シエナ風ペンネ

そしてお菓子教室とは違って、注意点も少なく気軽につくれるバレンタインのお菓子。

ドロップクッキー

柔らかさの中に香りと甘みを閉じ込めた、コーヒーのお供です♪

どうぞお楽しみに。

calmoのインスタへ

お菓子教室予告 マドレーヌ そしてトスカケーキ

苺のタルトのレッスンが進行中ですが、
calmoはそろそろマドレーヌのレシピをかきあげ、試作も終えようとしています。
とはいえ、これは以前から温めていたものなので、大幅な変更はなし。

コロンとした形がかわいい

3,4月はこれとともに、昔から作り続けているカラメルプリンをご紹介します。

そして5月はお菓子教室はお休み予定でしたが、リクエストにより、またまたこの子。

どうにもこうにも美味しい!

我がお菓子教室の中で、一番人気選手かと思われます。

レッスンを受けた方も「あれはおいしい。そしてなんとも簡単!」と言っていただけていて、
その見た目に反して簡単なところも人気の秘訣なのだと思います。

もう何度もレッスンをしてきましたが、新しい生徒さんや去年受けられなかった方からのリクエストで、ほんの数レッスンだけ行います。

詳細は以下、お菓子教室のページにてご確認ください。

お菓子教室calmoへ

お菓子教室:苺のタルト

1~2月になると一度は作っている苺のタルト。
手間は少しかかるけれど、リクエストもあり、レッスンをしています。

すっごくかんた~ん!とは言えないのよ~💦

ある意味、散らかっている。。。

生地を敷き込み、カスタードクリームを作り、盛り付け。。。

おわったかと思ったら、お持ち帰り用の生地も作っていただくので作業は満載。

でも、盛り付けの時間は見た目も楽しい♪
↓こちらは小粒の苺が買えた日の私のデモンストレーション+ご試食分。


そしてこれは大きめの苺だった日の生徒さんのもの。

その日その日、いろんなタルトが出来上がっています♪


生地はサクサク、カスタードクリームはとっても滑らかで上の生クリームと一緒に口の中でとけていく春のスイーツです。


そして定番となったランチタイム。
今回はゆっくり作る時間はないだろうな と思い、サンドウィッチとシチュー。


いろんな風味と食感がたのしく、おもてなし向きのサンドウィッチなのですが
とってもご好評。

いずれレッスンで と思っていたものなのですが、
時期的に夏前がいいかな と思うこともあり、早々に5月のプラスクラスでレッスンんさせていただくことにしました。

シチューはもう合わないので、以前からご紹介したいと思っていた基本のスープ、ビシソワーズをあわせます。
作り方ひとつで滑らかさが変わってくるシンプルだからこそ丁寧に作りたい一品です。

5月。。。。

またあっという間にきてしまうのだろうナ~。
それまでにcalmoはオリンピックの水泳のチケットを買いたい~(笑)

1月プラス 薬膳鍋と副菜たち

2年に1度ほどのサイクルで、1月のレッスンはお鍋をご紹介しています。

おいし~い豚のしゃぶしゃぶやきりたんぽ鍋、スンドゥブ鍋、金目鯛のしゃぶしゃぶなど。

お鍋のレパートリーを増やしていただくことはもちろんですが、
それと同じくらい大事にしているのが、お鍋のお供(副菜)たち

お鍋って、もう一品、もう二品 となった時に、あわせる副菜ってマンネリになりがちですので、そこへのご提案をしています。

今月のお鍋は。。。今月のお鍋は。。。

薬膳香る担々ごま鍋

クコの実、八角、シナモンなどを織り交ぜた複雑な香りと甘み、そしてビリビリビリっと刺激も入った楽しい韓国鍋。
火鍋のようなイメージでしょうか。。。

このお鍋のパンチがガッツ~ンときいていますので、副菜は優しく旨味が広がるものにしています。

キムパやナムル

パクっとおいしいキムパや優しいお味のナムル、そしてコクのあるゴマダレで仕上げる棒棒鶏です。

塩だけで調えるナムルや手早く作れるキムパ。
人気だったな~。。。(そう。もう1月プラスレッスンは最終日を終えました(笑))

2週間ほどつづいたこのレッスン。

レッスンデーではなくても、家にはいるとふわ~っと薬膳の香りがする不思議な2週間でした。

お鍋を囲んでの試食タイムはお話に花が咲きつづけ。。。。

やはりお鍋レッスンは楽しいですね~。

このお鍋はお子様にはきっと厳しいでしょうから、
ぜひ、辛い物好きのご友人を招いて新年会にしてくださいませ♪

冬の夏休み

1月後半になってしまいましたが。。。。

みなさま今年もよろしくお願いいたします。 

おせち教室がおわり、毎年は最終レッスンの時に我が家のおせちも若干ご一緒させていただくのですが、今年はなし。
今年は何もしないよ~ と家族にも宣言。蕎麦も買わない(いつも買わないけど)蟹も買わない、刺身も買わない、ないないないない~(笑)

っていっておいたのに、大みそかの夕方
「え!そこまで何もないの? 伊達巻も? お煮しめも?」と娘。


「ないっていったダロウ?」

とはいえ、まぁ、あるものでちょこっと出すかぁ。。。 ということで、我が家の元旦です。

お煮しめの材料はないから肉じゃが。1枚だけあったステーキ肉をたたきにし、
あとはほんとに余ったものを一口ずつ。黒豆すら、これが最後です(笑)

でもまぁ、お正月気分を楽しんでいただけたようですし、
お参りに行ったら大吉を引き当てたしで、気持ちの良いお正月でした♪


なぜ、ここまで何もなしにしたのかというと。

今年は、飲み食いに散財する正月はやめて旅行しよ!ということになりまして。
出発当日に荷造りをし、ハイテクな成田をでて飛ぶこと時間。

早朝

ハワイにいってきました♪

「芸能人にあった?」 といろんな方に聞かれますが、会ってません(笑)

そもそもこの時期はハワイは曇りがちで若干オフシーズン。毎日青空!ということにはなりませんでしたが、とにかくのんびり。

今回はカメラも持っていかなかった私たち。スマホの写真で失礼します💦

後半は晴れたので、買い物などの予定は減らして、せっかくの海を楽しんできました。
ちょっと焼けたかな~💦

そして食事。。。。

やっぱこれだね~ 王道のエッグンシンクス

一度は食べちゃうよね~
お魚がおいしかったな~♪

うん。おいしかった!

が!

もちろんウエストはきつく。。。
帰国後2週間たった今も体は重いcalmoです。

やはり和食はいいなぁ。。。。

と思うのは大人だけではなく、食の細い次女はちょっとした香料も「やだ~」と言い始め、ココナッツ風味なんてもうヤダヤダヤダ。

真ん中の写真に、ひそかにおにぎりがあるのも次女のチョイス。
鮭握りに4ドル! どんなに高級なおにぎりなんだ!!!

次女、帰国後すぐに「ママ、日本っていいね♪」 だそうです。。。。
も~。。。

とはいえ、経験にもなったでしょうし、久しぶりの南国旅行は珍道中さながら楽しかったです。

また頑張ってはたらこ~っと♪

ケークサレ

先週、おせちのエントリーレッスンを行いました。
急遽お休みの方がいらっしゃり、作業も多かったことにより写真はないのですが💦

毎年、おせち教室では”人が集まる時に持ち寄れる、お出しできる”そんな一品をご紹介しています。
おせちに入るものではなく、鶏ハムだったりローストビーフだったり、鯛を3種の刺身にしたり。。。。
バタバタのおせち教室の中で、たった10分ほどでご紹介するものです。

今年は少し方向をかえて。。。

プロバンス風ケークサレ

たくさんの具材がはいって、いろんな味を楽しめるケークサレ。
ハーブやアンチョビなどが聞いたプロバンス風となっています。

とっても簡単にできて、私も手土産にすることも多いので、今回はこちらをご紹介します。

明日はクリスマス。
calmoはサンタとなり、ツリーを片付けたあとは
おせちまっしぐら。黒豆と鰤にしかかります。


あと1週間。怪我無く風邪ひかずお待ちしております♪

12月プラスクラス

12月のレッスンがはじまり。。。。 終わりました💦
いや~、今年は本当にすみません。 来年はシャキッと更新したいと思います。

12月のレッスンは、人が集まることも多い時期にあわせて華やかなフレンチ。

サーモンのパイアソン

カリッと香ばしいジャガイモに包まれたサーモン。
そしてたかがブロッコリーですが、優しい風味に仕上げた付け合わせです。

赤ワインのリゾット

赤ワインがグッと香る華やかな一品。 プチプチと楽しい雑穀入りです。

シュトゥーデル

そして最後には、オーストリアの伝統菓子シュトゥーデル。

パイシートをうす~~~~くのばす  という集中する作業はあるとはいえ、手軽でリッチなデザートです。

テーブルもボルドー中心のクリスマステイストにセットし、1年の最後のレッスンをお楽しみいただきました。

calmoはここからは少しオフ。 そして日々、おせちに向けて準備します。

あ~、テニスもしたいなぁ。。。。