お菓子教室 募集(ベイクドチーズケーキ)と予告

 

タイトルの通りですが。

去年の秋におこなったベイクドチーズケーキ。

ご要望が多く、再レッスンすることにしました。

しっとりこってり そしてさわやかでありたい

これは相当研究しましたので、チーズが嫌いな人以外(笑)にはには絶対NOと言わせない という自信があります。 コクのある重厚な仕上がりを知ってください♪

しかも、相当簡単ですので、お菓子はハードルが。。。 と思っている方も
ぜひ、チャレンジしてみていただきたいです。。

もうおわり? というくらいに早く作業はおわり、そのあとは1時間弱の焼き時間をまつ。。。

となりますので、今回もランチ付きでレッスンします。

またパンを焼こう。。。

詳しくは以下にてご覧ください

料理教室calmo【お菓子教室について】

日程は9/14(金)11時~、9/15(土)14時~、9/17(火)11時~ のとりあえず3日を設定しましたが
ご希望がございましたら、変更追加可能ですのでお知らせください。

 

そして、その先の予告ですが。
11月にシュトレンのレッスンをします。

これも去年、相当何回も試作をくりかえしたももので、温めております
12月にご自身で焼いてもらいたいので11月のレッスン(12月はおせち教室もあるし~)。

でも、焼いて持って帰ってクリスマスに食べたいの! という方向けに1レッスンだけ12月の平日にレッスンする予定です。 できれば11月にきてね! だって、復習してもらいたいもの!

そして、自分ではやけない。。 という方のために、12月限定でシュトレンを販売します。
12月のレッスンにお越しの方のみ対象となります。
でも、できれば11月にうけてね! だって、作ってもらいたいもの!

 

ということで、11月のシュトレンレッスンをお楽しみに!(笑)

 

お好み焼 のち オトメ

週末もお好み焼のレッスンです。
昼過ぎに帰ってくる子供たちも「いいにおい~!」といいつつ少しのぞき、
「えっ お好み焼きなの?」 といつもの教室とは違う と思っているようです(笑)

でもとっても楽しい。

フレンチもイタリアンも、手の込んだものもごちそうも。
同じくらい、万人に愛される食べ物 というものも、きちんと仲間に入れなければ。。。 と学びのあるレッスン。

みんな楽しそうです。

カリカリ

今日はモダン焼きを撮っておきました。

これ、私のこだわり。 中はふっくら、麺もモッチリ。
でも外側の麺がパリパリ!

めしあがれ

  決して押さえてはいけませぬ。。。。 ただただ待つのじゃ。。。
むやみにひっくり返してもいけませぬ。

「こんなにふっくらなの?」と、友人に出すときも言われますが、
生徒さんも同じ反応。  作り方も焼き方もいたって簡単なので、知ってさえいただければ美味しく作れるはずです。

ぜひぜひ、お友達、ご家族とお好み焼きパーティーをしてくださいませ。

そして、またまた1品目のサラダの写真はなく、来週のレッスン終了まで、とることはあるのか?(笑)

 

昨日は、前日にお菓子を習ってきて。。。 といって、生徒さんからロールケーキの差し入れが

なんてガーリー

桃のシフォンロールだそうです。

甘酸っぱいクリームと、コンポートにされた桃の組み合わせ。
私も好きな組み合わせで、こういうお菓子は作るけれど。。。

なんといっても、この色! そしてコンポートもピンク!

桃って、案外地味に仕上がるのよね~ と思っていた私には、目からウロコ。
いや。それ以前に女子力の低めの私には、目からウロコが10枚。。。

そうか。。。。 今どきは、こうやって見た目にもこだわるわけだね。。。 と大変勉強になりました。
お菓子などでも、見た目は地味だけど侮るなかれ。。。。 なんて言っている私ですが、いやはや、これも大事なポイントですね

お味は?
もう。ばっちり。 さわやかなクリームが桃とマッチしており、見た目からの期待を裏切りません。

Eさん、ありがとうございました。

 

ちなみに、Eさんは料理を愛する男性生徒さんです。
ここにまた、ケーキの付加価値がありますね

6月プラスレッスン お好み焼き!

6月プラスレッスンは、なんと(?)、お好み焼きです。
(ちょっと愛がありすぎて、記事がくどくなりそう💦 ご容赦ください

11年教室をやってきましたが、いわゆるB級グルメ(私にとっては超A級ではあるけれど)をメインにレッスンするって初めて!
長年生徒さんからリクエストいただいていた一品です。(Kさん Tさんありがとう)

お好み焼なんか、適当に粉いれて具材入れて混ぜるだけやんか~ と関西から声が聞こえてきそうですが、満を持してのレッスン。

レシピに「適当」と書くわけにはいかないので、人生初めて、計量してお好み焼きを作りました(笑)

まぁ、もちろん、普段のお料理でも味を見て調整 がありますので、
ここは「固さをみて調整」は必須ではありますが、普段のお好み焼が計量可能になってレシピ完成

お出汁のうまみと、山芋によるふんわりとしたお味。
それに加えて必要な、ちょっとこだわってほしい焼き方をご紹介しています。

 

いっそのことお好み焼屋さんにしちゃえ! と献立は鉄板焼きをメインとしますので、
まずは、せっせせっせと切って、すって、混ぜて、ばっかりのレッスン前半。

材料がそろったら、よ~し。焼こう!

ほな焼こか~

決して押してはなりませぬ。。。 そしてせかしてもいけませぬ。
焼けるまでに7,8分はかかりますので、この間に鉄板焼きを3品。

お好み焼の周りにあるのは海老蓮根。
これ、好評でございました♪

焼けてるで~

そして大阪の居酒屋には絶対ある(と思う)とん平焼き。

トロトロなんよ~

卵、野菜、紅ショウガ、天かす、ソース。。。
お好み焼と一緒やん という材料なのに、
どうしてこんなにおいしいのかしら~。

おそらく見た目から想像するよりも、グっと優しいお味で、
トロトロ卵と柔らかいお野菜をソースが盛り上げてくれる子供も大好きなとん平焼きです。

この辺まではいただきますの前作業なので、ちょっと忙しく動いていただきましたが、
ここからは、私がおつくりします♪

上の豚玉をアレンジし、モダン焼きに。
麺をカリっとやきあげ、かなり分厚く仕上げます。(写真撮り忘れ)

そして、ちゃちゃっと作っちゃえ!豚キムチ。(写真な~い)
なんだかとっても皆さん楽しそうで、作るのもにぎやか、
食べ始めたら「おいしぃぃ~」 と喜んでいただけ、さらににぎやか。

ふんわりが命

食べつつ、私が作っているのを見て、さらにさらに盛り上がる、楽しいレッスンでした。

 

いや~。楽しかった。

でも、お好み焼きに必死で、全体の献立を取り忘れました。

鉄板焼き3品とお好み焼き。 これだけじゃぁ、やっぱり料理教室としてたりない! ということで、
1品だけ、と~っても頑張っておいしいサラダを作っていただいています。
大根のかつらむき、このおいしさをお伝えします。

次回写真をとっておきますネ。

 

今回は、どうしても自画自賛なcalmoなんだけど、
関西代表選手くらいの気持ちなんで、許して~(笑)

梅雨前には手仕事を

少し前にはなりますが。

そろそろやっておかないと、旬が過ぎてしまう。。。
と、同時に梅と山椒を買ってきました。

去年は梅干しもつけたけれど、やっぱり冷蔵庫スペース的にも
こっちだな。。。 と、今年は青梅煮だけにしました。

青梅煮は2年前のレッスンでご紹介していますが
「え~💦 あのあま~いやつぅ?」と警戒していらっしゃる生徒さん数名(笑)

でもこれは違うノ。きゅんっ と甘酸っぱく、実も口の中でほどけていく柔らかい一品。
レッスンをして以来、何名もの生徒さんが、梅雨前の手仕事として生活に取り入れてくださっており
ファンが増えてにんまりなcalmoです。

西日も使いよう(笑)

つくるのは今の時期ですが、密閉して夏までおいておきたいので、小分けにして瓶詰めします。
あつ~い日に、汁をソーダや氷で割るのがおいしいの。
でも、ついつい、いただきものをした時などに、アリガトウとともにお渡ししたくなっちゃって、
たいてい夏にはありません。
もう1回作ってもよいのだけど、あぁ、もうないのかぁ というくらいが、こういうのはちょうどいいかなって思っています(イイワケ)

左の黒っぽいのは梅醤油。
少し黄色くなり始めている梅を数日放置し、完熟にさせてからお醤油にドボン。
2週間ほどすると、ほのかに梅の香るお醤油となり、
鯛のお刺身などを上品に食べさせてくれる超簡単な手仕事です。
梅が余ったら試してみてくださいネ。

そして、梅よりはるかに、見ないふりをする確率の高いのがこれ↓

実山椒

実を房から外すのが、小さな作業で大きな疲労
目にも指先にもコリコリ来ちゃいますが、やっぱり1年これがないのはさみしいから。。。

やるなら一度に!と、意を決して(?)3パックも買ってきたので、
夕暮れ時に黙々と、ブツブツつぶやいてしまいそうな暗いcalmoでありました。

下処理をしたら冷凍庫にポイ!

ここまでやっちゃえば、ちりめん山椒だって牛肉しぐれ煮だって超美味しく作れちゃう。
やってよかった。がんばったね、私! と思えるのです。

 

手仕事、好きなんだけど始めるまでのこの葛藤っていったい何だろう(笑)
細かいことも結構好きなんだけど、それと同じくらいめんどくさがり という、
私の2面性のせいですナ。。。

 

みなさんも山椒、そろそろ終わっちゃうから、ぜひぜひ~

ルルララ。。。

ルルとララってご存知ですか?

ルルとララのおかしやさんシリーズ。

長女も何冊か持って帰ってきましたが、これ、結構本格的なお菓子レシピ付きなのです。

まず持ち帰ったのはスイートポテト。
ぐっちゃぐっちゃになるからやだな~💦 とみてみたら、
卵黄、バター、生クリーム、シナモンがはいる、「おぉ。。本格派。。。。」
しかも子供の本なのに裏ごし付き(笑)

で作りました。(裏ごしはもちろん途中でバトンタッチ)

疲れました。。。

焼き色がつかず、思わずバーナーで焼いちゃう、結局楽しんでいる私ではありますが。。。

もちろん娘大満足。長女も「おいしい!」というもんだから、ますます楽しくなっちゃったようでして~。。。

毎週、学校の図書の時間がある曜日には帰ってくると
「ママ。次はね~♪」とおもむろに出てきます。

しかもアレンジもいろいろ載っており、この日は冷凍してあった苺をピュレにし、
苺ミルクプリン。

いい雰囲気にとってみよう。。。

合羽橋で昔かったな。。。。 と思うゼリーカップを久しぶりにだしてきました。
(使えたのでよかったかも。。)

ちなみにこのプリンは、ちょっと私は苦手な感じで、レシピも見るからに甘ったるそうだったので、
こっそりレモンを絞っておきました

長女も「酸味がほしい。。。」と同じことを言っていたので、
ラズベリージャムをのせたらおいしかったようです。

そして「ママ!じゃ~ん!」と出たのがこれ。

ってか、子どもなのに難易度が💦

う~ん。結構本格的だわぁ。。。

 

お話もたっぷり載っている本なので、娘は
ルルル ラララ♪  と読んでいます。。。

 

私?

ルルララ地獄と呼んでいます。

検索したら20冊以上はありそう。。。
こりゃ、しばらくつづくぞぉ。。。

必需品

これ、冷蔵庫にかならずもっていたい。

なんてことはない。ただの鮭フレークです。

鮭のアラを買ってきて作るのですが、適度に脂分があることもあり
しみじみ美味しい。

去年1度だけ、「買っちゃおうかな~」と誘惑に駆られて市販のフレークを買ってガッカリ。
(まぁ、こだわって買えばよかったのですが。。。適当だったので)

やっぱり作ろう と思ったのです。

最近、友人に1瓶あげたところご家族に好評で、「これからはこれで!」と言われたそうです。

もちろん毎回は作ってあげない(笑)ので、作り方を教えておきました。
ごめんね、余計な仕事増やして

アラを買うときは、友人の分も調達するcalmoです。

 

大したことではないけれど、少しのコツもあるので、
いつかレッスンにもくわえましょう。 1瓶お持ち帰りつきがいいかな?

キッシュのレッスン始まりました

もう6月。早い。。。 早すぎる💦

この間、キッシュレッスンを募集開始した気がするのに。。。

昨日からレッスンが始まっています。

肝心のキッシュ撮ってない。。。

トスカケーキやチーズケーキの、「もう終わり?」というそれはそれで大事な感動のあるレッスンとは違い、
想像していただく通り、少し手のかかるキッシュ。

作った生地は格別なので、ときにはがんばっていただきたい。

お菓子教室は、内容次第ではありますが、
極力ランチ付きで行いたいと思っています。

サラダ、冷製スープ、タコとひよこ豆をつかったクスクスのサラダを添えました。

今回は夏向けのキッシュなので軽い仕上がりですが、
それでも、ここにこってりのものが来るのは残念。
すっきりと、さっぱりとたべていただける組み合わせです。

レシピどおりに作ることが必要な料理レッスンとは異なり、
前日なり朝に、こんな感じかしらね~っと、気楽につくるランチは
正直なところ、と~っても楽しい(笑)

タコのマリネはかなり好評でした。 クスクスとの相性もよいのよね。
来年にレッスンに入っていますので、お楽しみに♪

→計量して味を調える という、最大の関門がうまれるわけですが、
これは料理教室主催する人間としては避けて通れず、やるっきゃない
だれが作ってもおいしくできる 理想だけれど、理想をもとめてがんばります。

 

今週末はなぜだっけ? まったく予定のない2日間。
友人一家が夕飯を食べに来ることになったので、
おんなじメニュー出しちゃえ(笑)

子どもたちは午後にプールに行くと言っているので、
calmoもジムで汗を流してきます。。。。 はるかに年配の奥様方のしまった背中がまぶしい。。。。

5-6月定番レッスン

ザクザク

いろいろに気を取られ、更新がおそくなりました💦

5月ももうおわり!なんと早い~。。。

 

ということで、もちろん5-6月の定番レッスンも始まっています。
このレッスンは、人気だったナ。。。。
我が家でも定番中の定番、ユーリンチです。

何食べたい?

→ 次女「コロッケ」
→ 長女「ニョッキ」「グラタン」 (夏でも言うけど、もちろん無視 (笑))
→ 夫「ユーリンチ」

と、他にあるだろう? というくらい同じ答えが返ってくる中の1/3ですから

下味をしっかりとつけてザックザクにあげ、ジュっとねぎたっぷりな甘酢をかける。
うん。そりゃ、おいしいさ。

これにあわせるのは新生姜と実山椒の炊き込みご飯。
実山椒、そろそろ市場でも見かけるようになっています。
みなさん、1年分をためるのはあと2週間のなかでやらねばですヨ!

そして、これも人気。
出汁をつかったジュレであわせる千切り野菜のサラダ。

みなさんの共同作業で、いろいろな野菜を
「細くね。。。 細くよ~」 とプレッシャーをかけつつ切ってもらいました。

もう6,7年は来ていただいている生徒さんの千切りをふと見たら。。。
「なんて美しいの!」と、おもわず言ってしまった。
生徒さんがいろんなことを知り、少しずつお料理上手になっている。

 

これが私のやりがいだわぁ と幸せな発見でした。
来週もレッスンが続きます。
みなさまお楽しみに!

5月プラスレッスンは さわやかな餃子

5月プラスレッスンも折り返し、
あと数レッスンとなっています。

 

今月は中華のレパートリーを広げてもらおう!とおもい、
餃子やビーフンを使いつつも、食感や香りの新鮮な献立にしています。

メインは餃子(すご~く遠くにぼけていて、ぜんぜんメインに見えない💦)

大葉をた~~~っぷりといれることで
ニラもニンニクも生姜も入らない、お昼でお弁当でもさっぱり食べることができる
今年に入って我が家でも人気の餃子です。

そしてビーフンは広東風。
広東風は素材の持ち味を生かした薄味が主流で
こちらもオイスターソースなども使っていますが、いわゆるよくイメージするビーフンほどにこってりではなく、
少しのスパイスで軽やかに仕上げた一品です。

豆乳とキムチで仕上げるまろやかな茶碗蒸しや
春野菜のナムルなど。

色よく、香りよく、バランスよくしあがる献立。

中華は手早く作れるので、レッスンもさささっと進んでいます。

 

ちょこっとのこった餃子は、仕事しつつの私のお昼ご飯になったりしています♪

お行儀がわるい。。。

1人のお昼は、朝の残り物なり、スープとパンなり、
納豆ごはんなり、とにかくな~んにもしないのですが
餃子が冷凍庫にあると、幸せです。

 

来週で最終レッスン。

皆様、お楽しみに!

秋以降だけれど、レッスン予告

この数か月で、ふらっと適当に焼いたお菓子がいくつか、ヒットの予感。

パサつくことが多く、あまり好きな部類のお菓子ではなかったのだけど、
しっとり濃厚に仕上がったお気に入り。

やっぱり生クリームよね

ガトーショコラはリクエストでもあり、
やっぱり研究しておこうかな と思って作ったのですが
思わぬ仕上がりとなりました。

そして、和のフィナンシェも完成。
まずは抹茶+アルファ。

抹茶に見える。。。

白あんを練りこんでみました。 しっとりおいしい~。
混ぜ方とタイミングに大きなポイントがあるな~と思い、
なんどか試作。

そして、それならばもうひとつ和フィナンシェを作ってレッスンしたいと
さくらフィナンシェ。


これは友人にもらったフィナンシェからアイデアをもらいつつ、
混ぜ方にすこしこだわった一品です。

 

夏はお菓子教室はお休み。
9,10月には、チーズケーキの再レッスンを待っていただいているのでそちらを行い、
秋、冬で和フィナンシェやガトーショコラをレッスンしたいと思います。

お楽しみに~。

 

 

 

 

春なGW と 家族総出の写真撮影

4月にはいって一気に温かくなり、今年のバラは2週間ほど早く咲きました。
GWは満開。

今年は大好きな品種はほぼ咲かず、枝ばかりが長くなっていて栄養状態も悪そうなので
意を決して、土の真上でバッサリ切りました。

こうすることで、新しい枝が出てくる。。 はず!
これで出てこなければ、この大好きだけど難しいバラとはさよならです💦

GWは1日を除いてはとてもよいお天気で、
のんびりな我が家でしたので、少し来年に向けつつ、春のお菓子を焼きました。

シャルロットフレーズ

自分では珍しく、「うわぁ。。。ガーリー!」と思いつつも、
木漏れ日の下で撮ると、なんとも幸せな1枚となりました。

でも、じつは引いてみると
バラは無理やり引き下げてケーキの奥に連れてこられるし、
長女は左でレフ版代わりの紙をもっているし、
夫に至っては、「ここ。絶対この角度」 と私に言われてケーキをもち、
手がプルプルしている、どうにも滑稽な撮影なのです。

30枚ほどとってようやくのこの1枚。

 

いや~。カメラマンにはなれない(笑)

6月はお好み焼き 7月はハンバーガー。。。

レッスンでとりいれる献立は、普段の食事作りの中で
あれこれ考えることが多いのですが、
もちろん、リクエストをいただいたものも積極的にとりいれています。

パエリア、担々麺、コロッケ、スンドゥブ など
どれもご希望いただいて、気合込めてレシピをおこし、
これまで以上に私自身もおいしく作れるようになった大事なお料理です。

そんななか、ずいぶん前からリクエストのあったお好み焼き。
万を持して というくらいお待たせしてしまいましたが、
それは関西人はおそらくみんなが「適当」に作り「その日それぞれの」に仕上げるお料理だから。
これを、1カップ、大匙1の世界に落とし込むのは、普段以上に難しい気もしつつ、
レシピを準備中です。

 

そして7月もリクエスト。
我が家が連休などにはよく楽しむBBQの写真をみてお声をいただいたものです。

ハンバーガーランチ と命名したときに添えたい
副菜や前菜をご紹介したいと思います。

その中でも、我が家のピカイチはこれ。

スパイスとハーブで軽やかに

カラフルナチョスサラダ

ナチョス。。。。

16歳でアメリカに飛び込み、最初の3か月で私10キロ太らせてくれたのはこれかもしれない。。。。
マーチングバンドチームに入り、毎週末、夜のアメフト戦にアメフト、チアリーダーチームとともに遠征。
着くころにはおなかがへっていて、スタンドで何かを食べるのが恒例。

ナチョス、ホットドッグ、フレンチフライ、ピザ  くらいしかありません。
でも、若かったし、異国の友人との初めての空間に楽しく、
特にやけどしそうに暑いナチョスを寒い中食べるのが幸せでした。
丸すぎて、あの頃の写真はおみせできないワ。

でも、当時のものはおそらくただ、チーズをチンしてチップスにかけただけ。

今回のは、あくまでもサラダですので、
もっと軽やかに、そして食感も香りもたくさん楽しめる、アペタイザー的役割を果たす一品です。

大人も子供もテンションの上がる一品。
どうぞお楽しみに!

 

竹になりそう  4月プラスは春三昧

4月プラスのレッスンは、小学校にはいったばかりの次女の給食開始をまってはじまり、
後数レッスンでおしまいとなります。

子供のころ、この時期にはほぼ必ず冷蔵庫にあった筍の煮物。
よく思えば贅沢なことだ。。。

でも今年は、レッスンで残ってくる筍 という以上に、毎日のように筍を食べている我が家。
竹になっちゃいそう~。

今年は、安く、そしておいしいタケノコがでまわっており
なんだかついつい買ってしまいます。
しかも、たけのこの下茹でをこれまでは2時間ほどやっていたところ、
圧力鍋に変えたら、なんて楽なの! これまでの時間を返してほしいくらいでした。
なので、生徒の皆さんにも筍のハードルはさがっているはず。。。

今月のレッスンは、筍以外も春だらけです。

ほたての風味がやさしいたけのこご飯
えんどう豆の卵とじ
鶏肉の西京粕漬け
蕪の葉の常備菜 と 2種の前菜

 

です。

蕪、ほたて、えんどう豆、たけのこ。 う~ん。ここにお出汁があれば完璧です!

帆立は色が同化して見えません(笑)
しかし一口食べれば広がる帆立の存在感と、優しいお出しのきいた春らしいごはんです。
そして、もっと関東で美味しさをひろめたいグリンピースの煮物→卵とじ

実えんどうの卵とじ

毎年、この実えんどう(いわゆるグリンピース)はレッスンでとりいれており、
どーして、関東のスーパーはそら豆ばっかり売っているの! と叫びがとまりません。

関西ではグリンピース>そら豆

東西の豆対決。私は断然グリンピースなんですが、
冷凍のグリンピースくらいしか買ったことない という方のおおい東京においては、
なんと地位の低いことか。。。
冷凍のグリンピースで嫌いになった人も、生から作ったお料理は別物であることを本当にしってほしいです。

 

ということで、関西の食卓では、「また?」と言われるかもしれない超定番の煮物。
そして翌日に余ったら卵が投入されていたなぁ という、theお惣菜をご紹介しました。

意外にも硬さのあるグリンピース。煮ても適度な歯ごたえがのこり、
噛んだときに香りが広がるお気に入りです。

 

あ。トマトや干しシイタケ同様、愛がとまらず、くどくなってしまいそう💦

 

とにかく、あと1,2週間が旬! みんな買って!

6月 キッシュのレッスンを行います

タイトルの通り。。。

先日おわったショートケーキのレッスンのあと、お菓子教室のご案内をしていていませんでしたが
6月にキッシュのレッスンを行います。

キッシュはお料理ではありますが、工程としてはお菓子となりますので
お菓子教室(特別教室)として行います。

2,3月に行ったピーカンナッツのタルトで使っている生地でもキッシュはできますが
今回は、キッシュむけに、少し味わいをかえ
ご紹介します。

 

キッシュだけでは寂しいですから、それに合わせてスープやサラダなどをご用意し、
焼いている間はランチタイム。
キッシュの生地も1回分もちかえり という、盛りだくさんなレッスンとなります。

詳しくは以下よりご確認ください。

2018年夏 お菓子教室「サーモンと夏野菜のキッシュ」

 

お楽しみに!

 

バチン!  春の香り~

もう3回ゆでました。

たっくさん

今年の筍はおいしい気がします。

私も子供のころから大好きで、思えば春はいつも というくらい、
冷蔵庫に筍が常備してあった記憶。。。。

今週末から始まる4月のレッスンでは、これを帆立とともに炊き込みますので、
もちろん試作もしますが。。。。
子供のころから、一番食べているのはおそらくこれ。

土佐煮

次女の入学を祝いに、上京してくれている母も大好きなので、
大きな筍1本を、すべて土佐煮にしておいたのですが
その日の夕食で完売御礼。

今日明日でもう一度炊こうかしら。

 

その夕飯時、母が「山椒の葉がほしい~」とつぶやいたので、
最近、教えておいた次女がいそいそとテラスへ収穫へ♪
「お!あるんや~ 洗って、バチンとたたいてな」 と母。

 

バチン????  とはてなマークの次女、長女、そして夫(笑)

私はわかりますが、そりゃ、そうよね。。。

「おててにのせて、パッチンたたいてみ~」といわれ、次女がパッチン!

 

ふわぁ~ っと香る山椒の香りに、驚き、喜ぶ子供たち。
山椒の葉っぱを手にのせて、パチン!っと手をたたくことで香りが立つのです。
その楽しさのせいなのか、山椒の葉とともに筍を食べるのも好きになった子供たち。

春の楽しさを一つ覚えました(私は忘れていたので、教えたことがない
山椒の葉を使われるときは、ぜひお試しください♪