作成者別アーカイブ: calmo

お菓子便 いまさらだけど。。

お菓子便の追加注文を承っています。
その関係で、ちょこちょこお問い合わせがあるのですが、
そもそも「何が入ってるか見たい!」というお声も。

まだご紹介していないものもたくさんあるし、お楽しみにしていただきたい部分でもありますが、GW発送分からいくつかご紹介しますね。

まず、基本セットはこの分量。 お菓子にもよりますが、大半は密閉してお届けします。

・パウンド2種×2
・フィナンシェ2種×2
・サブレ4種×2~4
・その他2種×2パウンド

パウンド  の奥に追加のトスカがてんこ盛り(笑)

パウンドはずいぶん昔にレッスンしたチーズとブラックペッパーのパウンド。
優しい甘さに塩味とスパイスがきいていて、ブランチにでも食べたい昔からのお気に入り。 久しぶりに焼きましたが、やっぱり好きだなぁ。。。。

もう一つはフレッシュオレンジのパウンド。前日までに煮ておいたオレンジを加え、焼き上がりにもたっぷりの果汁を含ませる贅沢なパウンドです。
これはそのうち夏むけにレッスンしたいな。。。

フィナンシェはやっぱりプレーンは外せないな。 と思いましたので、
プレーンと、季節は少し違うけれど、おいしく炊けているいちじくがありましたので、いちじくのフィナンシェ。


フィナンシェにはかなりこだわりがありまして、これくらい焼き色を付けてこその味わい。
粉とアーモンド、そしてバターのリッチな味をボケささない焼き加減と、しっかりとした噛み応えのある生地が特徴です。
フィナンシェのレッスンは毎度、口数が多くなる私ですが、
お伝えしなければいけないことはたくさんなのです。  

第2便は明日締め切り、今週末の発送です。
今回は、フィナンシェはプレーンと紅茶になります。


紅茶は、「うわっ すっごく紅茶~♪」と長女が貧ボキャブラリーで称しておりました(笑)

サブレ類は。。。

カリッとナッツが効いてたり。  甘じょっぱい世界だったり。。。

このチョコサブレは今回唯一の甘じょっぱい世界。
酸味のきいたビターチョコレートと甘さ、自然塩のコントラストが特徴です。
これも久しぶりに作ったなぁ。。。

先日のブログでご紹介したサブレシトロンは人気につき、今回は少し量を増やしてお入れします。

サブレはおおむね変更しない予定です。

そうそう。おまけでこれも作りました。

ポルボロン

10年来通っていただいている生徒さんのみぞ知る?? 
クリスマスのレッスンの時に、4品目でご紹介したポルボロン。
スペインの伝統菓子です。

ついでに作っちゃえ という気持ちで作り始めましたが、
「おぉ。。。。 ついでにしては手のかかるお子だ。。。」 と思いました。
このお菓子は粉類をローストしてから加えるので、生地のつながりがかなり弱く、
落としたら最後、確実に割れます(笑)
でも、口の中でくずれていく食感がたまらない、サブレたちとは少し住む世界の違うお菓子なのです。(そもそも修道院で生まれたお菓子)


そしてその他は、「絶対マドレーヌ!」というお声が実は数名の方から飛び込んできまして、
2年連続中止になったマドレーヌ。先に皆様におとどけすることとしました。

なんてかわいいヤツなんだ♪

しっかり歯ごたえを残し、卵とバターのシンプルなおいしさがとどくマドレーヌ。
焼き菓子の基本中の基本かもしれませんね。。。。
(だから奥がふかいのダ)

そしてタルトダミアン。これも今回の人気者でした。
この二つは第2便も続行です。

型の都合上、タルトダミアンは2種類の形をひとつづつお入れしました。
オーバルはフィナンシェでもつかっているおなじみのもの。
そして手前が!

かわいい!

この花形で作ったタルトダミアンの可愛さにほっこりしてしまいました。
記憶にないくらいとお~い昔(たぶん22,3歳。 ひ~💦)、パリの道具街で買っていたもので、たま~~~~に、タルト生地が余ったら一口サイズでつくるくらい。
サイズ的に便利としか思っていなかったけれど、このお菓子に会うためだったのかも♪

第二弾が初めての方もいらっしゃるので、大枠の路線は変更せず、
でもリピートオーダーの方に楽しんでいただけるマイナーチェンジを加えてお届けします。

工事の立ち合いは今日まで(週末は夫にバトンタッチ)。 明日あさってはお菓子と向き合います♪
週末中にお手元に届くかなぁ。。。(

さらば10年のクロス達

キッチンおよびリビングの工事が始まりました。
大きく変わるのはキッチン背面だけなのですが、これまでストレスを感じていた電気周りをいろいろと変えてもらうことになり、これが思った以上に大工事。
床下を職人さんが這って、トンテンカンテン、響き渡っています。

私は、1週間在宅マストとなってしまったので、今しかない!!! とずっとずっとずっとやらなければいけないと思っているアレコレアレコレアレコレ。。。。
パソコンとファイルの山を広げて、時折職人さんと話をしつつ、眺めていました。

ここまでは平和だった。。。


大工工事は1日だけ。 「ちょっと下地打つだけ」という認識により、ご近所にも「ちょっと打つ音響くかもしれないけど、ごめんね」という程度にお断りしたのですが。。。

ガガガガガガ~!

聞いてないよ~💦(いや、私の想像力不足か)

あまりの爆音に今からでも菓子折りを買いに走ろうかと焦りました。

幸い、20分ほどで終わってくれたし、お隣さんたちは不在だったそうで、結果としてホッ。

このあと、断熱材などがあらわになり、初めて見る家の構造に興味津々。
何のためかわからないけど、写真も撮らせてもらいました(あまりにも無残でのせませんが💦)

今回、リビング全体の壁紙も変えてもらうことにしたので、今日明日はその作業。
2階にいるように言われているので、お昼休憩中に降りたらこんな感じ。

引っ越してきたころを思い出す~

壁紙は引きちぎられ、照明カーテンレールもロールスクリーンもすべて取っ払われ、
棚なども養生されちゃっていて、今更カメラが出せず、iphoneで撮影です。


明後日の朝まではこんな感じで生活するそうです。。。。
う~む。緊急事態宣言でなければ、子供たちとのんびり夕飯を食べに出てしまいたい。。。

リビングにはいれない と言われてしまったので、2階にコーヒーメーカーとパソコンと書類を持ち込んで、籠城中です。
何をしているかはまた明日。。。(こんな時しかいっぱいブログをかかない💦)

レモンって最高

先日の焼き菓子を受け取ってくださった方からお好きだったものをうかがっていると、
やはり定番のフィナンシェやマドレーヌは大人気。

加えて、私の愛するタルトダミアンも気に入っていただけた模様。

そして、これへのラブコールが。

サブレ・シトロンです。

上のレモン風味のグラスアローが、キュン!っと甘酸っぱく、下の素朴なサブレとのバランスが決め手のサブレ。

これ、見た目のシンプルさに対して、実は結構手がかかる というか、
カリっとした食感を持続させるためのサブレの焼き加減とグラスアローの塗り方がちょっとポイントで、
GWの大量発注に対しては、申し訳ないのですが1箱につき1袋ずつしか入れることができませんでした。

今回、連休中の発注に間に合わなかった方や追加でほしいという方がいらっしゃったので、来週末の発送を目途に、再度ご注文を受けています。
2回目のお申し込みの方は、少しの特典として、1回目のものでお好きなものがあれば
比率をあげてお入れすることにしました。(その分、何かが減るのだが💦)

そんな得点に対して、このサブレシトロンへのラブコールが数件。

私もこれは愛しているのでうれしい限りです。み
かなりほしい という方がいらっしゃりまして、
その分あれこれ減らすのも残念なので、サブレシトロンだけを10~12枚ほど詰めたものを追加でご購入いただくことにしました。

今週後半には焼き上げたいので、生地をそろそろ作りたいのだが
目下、キッチン含めリビングが工事中で、外出もままならない状態です。
金曜から一気に取り掛かります。
2度目の方も多いので、大きな枠組みは変えないものの、フィナンシェのいちぢくを紅茶い変えたり、サブレをアーモンド⇒ヘーゼルナッツに変えたりする予定です。


パウンドケーキにはウィークエンドシトロンをいれます。
これは2年前のレッスンのものとは違い、しっとり重めなもの。
2年前にご紹介したものとは夏向けのふんわり食感で、今回のものとは作り方が全然違います。またその違いも楽しんでいただければよいかな。
ご注文いただいた皆様、どうぞお楽しみに。

6月のレッスン再開のご案内ができていませんが、
数を少しおさえて、お菓子教室から始めようかなと思っています。
試食とランチを控え、お持ち帰りのみを検討中です。

またご案内しますね。

すし飯が残ったら?

シリーズではないけど、残ったらシリーズ。

皆様のお宅で、そもそもすし飯が余るのか? ということは調査不足ではありますが。。。。
我が家は手巻き寿司などをすると余ります。

いや、余ってもらったほうがありがたいという考えにより、多めに作っています。

すし飯が余っていたら、ひじきの煮物があればそれを混ぜてもいいし、
ハムや三つ葉を刻んで混ぜてもいいし、その日その日のちらし寿司が作れます。
お弁当作りの大きな味方。

先週末は暑かったので、初夏のちらし寿司。

我が家はどうにもしらすが大好き

まぁ、冷蔵庫に余っていたというのが正しいのではありますが、
柴漬けと壬生菜の漬物を発見しましたので、みじん切りに。
いりごまと湯通ししたしらすとともに混ぜ混ぜ。

あーれー? もっと柴漬け入れたらよかったぁ。

もっと具沢山にした方がおいしいですが、材料が尽きてしまったので味海苔をたっぷり散らして。

しらすの甘みとお漬物の塩味でさっぱりおいしいちらし寿司。

汁物とともに楽しみました。


他におすすめな組み合わせ。

・ハムとゆでた三つ葉ときゅうりのみじん切り
・ツナ(しっかり絞って)とカリカリ梅
・大葉と鮭フレーク

基本的に、塩味の強い素材と香味材料を組み合わせればおいしいんじゃないかな~。


「すし飯なんて余りません」 という方は、普通のごはんに加えたっておいしいと思います。混ぜご飯にしておにぎりにしてみてください♪

焼き菓子あれこれ

焼き菓子便の内容を決めました。
3月以降、定番のもののアレンジや、新たなものなど、いろいろと検討。

フィナンシェははずせない。。。

フィナンシェはプレーンはもちろん入れますが。
もう一つをレッスンで好評だった抹茶にするか、はたまた抹茶&白あんにするか。。。

↑はカシス。

↓はいちぢく。

いちじくは柔らかく煮てから入れるのですが、いろいろと煮方をかえ、
これってしみじみおいしい~。。。 と思うものができました。
フィナンシェにいれてもおいしいけど、秋にはぜったいパウンドにしてご紹介したいな。。。

同じ内容でも形を変え、当日、翌日の食感の変化などをチェック。
一口かじったフィナンシェが容器に転がり続けています(笑)

おまけ写真↑

フィナンシェ受講済みの皆さん。
温度を下げるのは、まさにこの瞬間ですよ~♪

↓サブレ類は3種類かなぁ 4種類かなぁ

サブレ・ヴィエノワ
ナッツをいれたりチョコを入れたり、混ぜ方をかえたり。。。。
タルトダミアン 

タルトダミアン
なんて素朴で、しみじみと味わい深いお菓子なんだろう と20年以上前にフランスで食べた時に感動。
10年前に日本でもう一度出会い、その奥深さを認識したお菓子。
今回、これは必ず入れたいと思います。

オレンジのパウンド

オレンジのタルト。
今回の新作の中でもとびきり気に入っているものです。
フレッシュなオレンジを炊き、ふんだんに加えた甘さと苦みのバランスの一品。
表面をしっかり焼いて少しのほろ苦さを加えるのもポイントとなりました。
今回はこれは加えたい。

キャラメルのパウンド
ウィークエンドシトロン

パウンドは2種類。。。。 うぅむ、3種類?

などなど、いろいろと悩みましたが、おおむね決定。

今回は、パウンド、サブレ、フィナンシェ、タルトなどを詰め込んだ【基本セット】と、
基本セットに追加していただける【定番のお菓子】をご自由に組み合わせていただけるようにします。

連休中にお届けすべく、今日明日でLine公式アカウントより、ご登録の皆様へご案内いたします。
お友達登録がまだの方は、以下よりお願いします。

友だち追加

スマホじゃないの! という方は、メールなどでお問い合わせください。

パスタが余ったら。。つぶやきレシピ

先日、友人とテニスをしているときに子供のお弁当の話になり、
「今日は昨日パスタをゆですぎたから、それでナポリタンにしたんだ~」と話したら、
そんなことをしていいのか?という感じのリアクションが何人からも。。。


自分が当たり前のようにしていることって、みんなの当たり前ではないのだなと時折考えさせられます。

ということで、お弁当のマンネリにお困りの方や、ちょっとした捕食に便利なナポリタンをご紹介します(というほどのレシピではない(笑))
今日のcalmoは時間があります。(この理由は次のブログあたりで。。。)
だからブツブツと小ネタとお小言(?)をはさんでみますので、生徒の皆さんはちょっと私を思い出して♪ お会いしていない方は想像してみてね。

まずは、パスタを余らせる。。。 もとい、余ったら。
ということですので、通常通りパスタを湯がいちゃってよいです。アルデンテである必要はないです。
余っちゃった場合は、冷めたら少しオリーブオイルを絡めて密閉容器にいれて冷蔵庫で保存しておいてください。2日以内には使い切りましょう。

【材料 1名分くらい】
・ ゆでたパスタ  目分量で2カップ程度(一からゆでるなら乾麺30gくらいでいい気がします)
・ 玉ねぎ 1/4個
・ ピーマン 1個
・ ウィンナー 2本(ベーコン2枚でも〇)
・ ケチャップ 大1.5~2
・ 醤油   適当ですが、小1/2程度
・ お好みで砂糖 少々
・ 今日はバジル。パセリでもいいし、なければそれでも〇 少々
・ オリーブオイル または サラダ油 少々

【ここで、calmoのお小言】
お小言①
まず、パスタが冷えているときは、常温程度までレンジで温めておきましょう。
これってすごく大事なこと。
他のいろんなものの温度が上がって、いよいよ混ぜるだけ!というところで、冷たい具材を入れると、勢いのあった鍋の中が一気に温度低下。
「おいしいくなってやんないからな~!」と食材たちのテンションも旧落下です。
再度温度を上げている間に水分がとび、美味しさも半減します。
温度差はなくしておきましょう。
生徒の皆さんはチャーハンあたりのレッスンで、耳にタコですね♪

お小言②
お弁当に入れる場合はパスタは半分程度の長さに切ってあげたほうが良いです。
食べるときの温度や状態を考えてあげることはお弁当作りには大事なことです。

でもでも、「長女、むっかつく~!」という日は、切ってやんない。
いや、そもそもこんな楽しいお弁当なんていれてやんないんだからね~!
中学受験時代、あまりのひどい態度に塾のお弁当を2段とも日の丸弁当にした前科者のcalmoです(笑)
(何年もたって聞いたところ、「いや、梅干し好きだから、あれはあれでOK」と言ってました。。。。 も~!)

ちょっと小言がうるさくなってきたので、ここらで完成形↓


【作り方】
① 具材は食べやすいサイズ(写真は玉ねぎは粗目の薄切り、ピーマンはワタをとって水平方向に薄切り、ウィンナーは斜めに5mm幅くらいに)カットします。

② フライパン(鉄愛用の私ですが、こういうのはテフロンの方が手早く作れる)にオリーブオイル少々を熱し、玉ねぎ、ピーマン、ウィンナーをいれて中火で炒める。
塩少々を加えて炒めると、お野菜が干からびないですよ(これ、浸透圧。また耳たこ)

③ いったん火を止め、フライパンの中央をあけてケチャップ、醤油を加える。
   味を見てお砂糖や醤油で調整。濃い目が好きならウスターソース少々足しても〇。
④ 弱火にし、中央のケチャップたちだけを混ぜて炒める。
   ふつふつしてきたら、パスタを加え、野菜類とともに全体をあえる。
⑤ 味をみて塩、ケチャップなどで調整し、仕上げに乾燥バジルを加えて完成。
  ※お弁当に入れる場合は小さじ1のオリーブオイルを絡めておくと食べやすい。

この日は長女のお弁当に入れたのこりを、キャベツの千切りと共にロールパンにはさみ、次女の朝ごはんはナポリタンサンドです。
私は食べたことないけれど、子供のころ、近所のパン屋さんで見かけたことを思い出しました。

次女は長女と違って、とにかく食べることに関心がないので、見た目楽しく、かつ、効率よく食べられるメニューが効果的です。

パスタをゆでたまま放置すると伸びる と思われると思いますが、
ナポリタンのような懐かしパスタはアルデンテより、むしろ昔ながらのソフト麵がいいくらいなので、残ったパスタが最適です。

ポイントは麺の温度、カットしておくこと、
そしてオムライスにも通づるのですが、④の少しケチャップを炒めるところも大事です。
ケチャップの酸味を飛ばすことでまろやかな旨味が生まれます。

たかがナポリタンですが、のんびりと投稿してみました。

お昼に食べたくなってきたな~♪
Bon Appetit♪

ナポリタン ってよく考えたら勇気ある名づけだな~  メリケン粉と同じ世界?

春の一品 久々の簡単レシピ

すっかりご無沙汰してしまっております💦

連休明けからはレッスンを再開しようと思っています。
そして4月はお会いできていない皆様へのご挨拶も込めての焼き菓子販売。
少しずつうごきださねば。。。


もうすぐ4月。
食材もすっかり春らしく、いや、なんだか夏のはしりも見え始めていますが
春野菜がとってもおいしいこの季節。

家族そろってののんびりランチタイム、のんびり春を楽しむ献立にしました。

蕪の葉の醤油チャーハンと、菜の花と新玉ねぎの和え物

今年最初の筍は鰹たっぷりの土佐煮♪

ここ2年、庭の木の芽の成長が遅く、たけのこが出るころに赤ちゃんのような新芽が~。。。
これを摘んだら光合成ができないかも💦 という小さくて微量なのですが、
今年の初物のためだ。。。。 ブチッ
2枚だけつんでチマチマと。。。。

筍が終わるころに青々とする木の芽さん。 植え替えしちゃうゾ。。。

チャーハンは蕪の茎が残っていたので、そちらとハムで。
レッスンでも少しご紹介しましたが、最後に鍋肌で醤油を焼いた焦がし醤油風味です。

そして菜の花の和え物。
今日はこれが簡単なので、レシピをアップします。

【菜の花と新玉ねぎのしらす和え】

材料
・菜の花 1束
・新玉ねぎ 大1/2~1/4個(お好みで)
・しらす 1/2カップほど
・白ごま 大1程度
・ポン酢 大1~2
・かつお節 少々
・オリーブオイル 少々

作り方

①しらすは沸騰した湯に一瞬いれて、すぐにザル上げする。(臭み取り)
②新玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。
③菜の花は食べやすい長さに切り、塩を加えた湯で茎→葉の順でゆでる。
④菜の花をいれて再度沸騰したら、そのまま新玉ねぎも入れる。
⑤再沸騰したらざるに揚げ、流水の下で10秒ほど冷やす。

かつお節以外をボウルにいれた状態↓

ここにオリーブオイル、ポン酢とかつお節をいれてあえるだけです。

仕上げにかつお節をどっさり

一応味を見てくださいね。
しらすの塩分を利用した一品なので、塩やしょうゆは不要ですが、
まあ、好みで少々は。。。


新玉ねぎは塩もみしてもよいけれど、菜の花の苦みもあるので、
ここは優しくさっとゆでて辛みをぬき、食感の食材として加えています。

菜の花ではなく春キャベツやアスパラガスでもおいしいと思いますよ。

菜の花ももう少しで終わりかな。
ぜひお試しください。

焼き菓子屋calmo

レッスンを中止しているあいだに、たくさん試作やレシピ考案を! と思っているのですが、
やはり皆さんとお会いすることが最大の刺激とやる気になっているようで、
かなり亀な私です。。。。

下手なテニスの頻度も上がり、試合に出させてもらったりしていて、
肩もいたい←下手な証拠。

とはいえ、やはり新しいものを作り出すことを怠けてはいけないな。。。 と、少しずつですが進めています。

ほろ苦い抹茶とのマーブルが大人なパウンド

クグロフ型でパウンドケーキを作ったら、なんともかわいい!

珈琲と洋酒を利かせたパウンド




去年、レッスンを中止させていただいて1年。
途中の再開時にお会いできた方もいらっしゃいましたが、1年お会いしていない方もおおく、
なにか皆さんの食卓や生活にご挨拶できることはないかな。。。 とかんがえていました。

LINE公式アカウントでつながっていただいた皆様にはすでにご案内をしておりますが、
calmoの焼き菓子詰め合わせを4月に販売させていただくことにしました。

ベーシックなフィナンシェやサブレとともに、
新作となるパウンドやクッキー、手のひらサイズのタルトなどを箱にぎゅっと詰め込んでお送りします。

2年連続中止となったマドレーヌも入れようかな♪
パンドジェーヌもいいよね~
フィナンシェは外せないかなぁ
calmo一番人気。。。 でも作れるようになった生徒さんが多いしなぁ。。。。
サクサク カリカリ  サブレやクッキーはマストですね。

という感じで、内容もさることながら、
金額や分量は今、あれこれ考えているのですが、
詳細はお問合せいただいた際にお伝えします。

久しぶりにcalmoのお菓子を食べたいなって思っていただけましたら、ご連絡ください♪
オーダーは生徒さんに限定させていただきますが、ご友人やご家族のもとにお届けすることも承ります。

さくらもち

3月で一番好きな時間。

桜の葉と蕾の塩漬けを、水にひたして塩抜き。
この時点で、なんとも幸せな香りがただよいます。

関西の人間にとって、桜餅はやはり道明寺がしっくり。

小さめサイズでたくさん作りました。


子供たちとちらし寿司などを食べた後に と思っていたけれど、
ちょうどオンライン授業でブツブツつぶやきながら机に向かっている長女がいたので、おひとつどうぞ。

部活ができなくなって、ぷっくりぷっくりし始めているけれど、
目を✨させて一口。

「も~!さいっこ~!!!」 「この香りってたまらないよね~♪」 と
なんとも素直で無邪気な16歳(笑)
まだまだかわいいものです。

もうお雛様は終わってしまったけれど、あと10個くらい作れそうな材料が。。。
道明寺は鯛などと共にお吸い物にすることもできるし、
ぼたもちにもできるんだけれど。。。

季節感を裏切っても、やっぱりもう一度さくらもちかなぁ。。。。

4月までお休みを延長します

パソコンが故障したことをきっかけ(言い訳?)にすっかりご無沙汰してしまっています。

今年もスキーも行けず、なんだか地元に根付いてしまっていますが
気付けは半そでになりたいくらいの小春日和な日々。
もう3月。去年の緊急事態宣言から1年がたってしまいました。

その間、別の仕事に忙しくしたり、夏からは再開して教室の大切さをしったり、学ぶことの多い1年でしたが、
今年に入り、またレッスンを見送らせていただいています。

3月以降で再開しようと思っていましたが、東京は引き続き落ち着かない状況。
生徒さんの中にも医療従事者の方は多いですし、他の方々だって行きたいけど行けない、行っていいのかな、、、 などのお気持ちにさせたくないな。。。。 と思う私です。

ですので、4月末までレッスンをこのまま中止させていただこうと思います。

この時間を利用しまして、キッチンのリフォームを行うことにしました。
4月中に行い、GWが明けたころ、皆さんと新しい場でお会いできればと思っています。

3,4月のレッスンにご予約いただいている皆様には改めてご連絡いたします。


なお、レッスンの中止、新たなレッスンの追加、再開の情報などをいち早くお伝えするため、去年、LINEの公式アカウントを取得しまして、
そちらで一斉にメッセージを送信させていただいています。

使ってみると便利なもので、こちらは皆様に一斉送信しますが、
皆様がそれに対して返信していただくと、私とその方との一対一のやり取りとなります。
これまで、メールや携帯メール、LINEなど、分散していたやり取りが一か所にまとまり、老化しつつある頭にとっても、とってもありがたい存在です💦

なにより、必要なことをすぐに多くの方に届けられることが、今のこの状況下では助かっております。
まだご利用になられていない方も、よろしければ、以下よりお友達登録をお願いいたします。

↓ おもてなしの料理教室calmo LINE公式アカウント

友だち追加

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
去年は想像もしていないことがたくさん起こる1年で、
いろいろと考えさせられました。

そんな中でもやはり人とのつながりや家族との時間があるからこそ、心穏やかにいれるものだと思いましたし、
皆様のおかげでレッスンを少しずつ再開できたことは幸せな限りです。

2021年もまだまだ厳しい1年となるでしょうが、
大事なことから目をそらさず、この1年を大事にしたいと思います。

さて。ステイホームの今年、多くの方がご家庭でのお正月を過ごされたのではないでしょうか?

我が家は毎年、おせち教室があるので、そのままステイホームではありますが、
さらにさらに予定を入れずに、のんびりとしました。

2021年最初の食事はやはりおせち。
ありがたいことに年末はおせち教室を開催させていただけましたので、
その際に作ったものや、大みそかに作ったものなど。

1日でほぼ食べ切ってもらいたいとは思いつつも、なかなか量。
でも、3が日は我が家は一日2食になりますので、ブランチタイムのご馳走でした。

今年のおせち教室は試食時間を短縮し、もりつけも最小限になりましたので、
我が家の盛り付け例を写真でお渡ししました。

今年はこんな感じにしてみました。

一の重
二の重
三の重

もう2段重にしちゃおっかなーって思うのですが、
家族は結局、大好き(笑)
食べてくれる間は頑張ってつくるしかないですね。。。。


今年も皆さんとキッチンを、そして食卓を笑顔で囲めますように。


—–
年末から、また世の中の状況は急変しております。
安心の上にこそ楽しさがある と思っておりますので、不安定な状況になりましたら
レッスンの中止を決断させていただこうと思っております。
ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、去年の緊急事態宣言後、料理教室のLINE公式アカウントを取得しております。
こちらにお友達登録をしておいていただきますと、
レッスンの新着情報をはじめ、教室の運営におけるご連絡などをいち早くお届けできますので、
ご活用いただけますと助かります。
以下よりお友達追加が可能です。
こちらでは私との個人LINE(チャット)もできますので、ご利用ください。

友だち追加


大好物

先週、最後のレッスンが終わりましたが
11-12月の定番レッスンは、レッスンでも人気でしたが、何しろ家族が大好物。

レタスが新鮮!となると、ちょいちょい作っている一品です。

手前の甘みそと香味野菜などを、レタスでくるっと巻いてほおばると、
パンチのきいた味と、さわやかな食感、香りが口に広がる一品。
手巻き寿司のように、おのおの楽しんでもらう一品です。


チャーハンや新鮮なカジキを使った中華の一品と合わせ、ご紹介しました。

この献立は子供にも大人にも、好まれる一品です。
この冬休み、おうちで美味しい物を食べたいな~  鍋も飽きたな~ なんて思ったら、
思い出してみてくださいネ。

豚の角煮 再レッスンのお知らせ

見るとまた食べたくなる。。。。

豚の角煮
トロトロです~

11月の豚の角煮のレッスンは、普段よりもレッスン数が多く、
やはり日本人の心をキャッチするご馳走なのだわ~と思っていました。

そして、「受けたかった!!!」と、12月に入って、逃した方々からのお声がありました。

「もうないのです~💦」といったものの、冬はまだまだこれから。
この冬に食べていただきたいし、レシピがホットなうちにやりますか?! ということになりまして、再レッスンを行うこととなりました。

大根も飴色よ~

日程的に、すぐには確保できず、
2/7(日)pm の1クラスのみ。

あと1席空いておりますので、受けたいと思われましたらご連絡ください。


calmoも来年、雪の予報があったら作ろうかな。。。
理由は寒いから というのもありますが、典型O型なcalmoの雪になると豚をゆでたくなる別の理由があるのです。
今度、あらためてご紹介しますね♪

Instagram calmoのインスタへ  ←ときおりupでごめんなさい??

マドレーヌ そしてプリン

今年3月に予定していたお菓子教室。
マドレーヌ。そして昔ながらのカラメルプリンのレッスン。

春にやりたいな。。。 と思っていたので、来年の3,4月で行うことにします。

このコロン とした形がお気に入り。

フィナンシェも美味しいけれど、マドレーヌは卵がやさしく、
色もかわいくって、なんだか幸せな風貌。

昔ながらのこのお菓子に、以前よりリクエストのあったプリンを組み合わせたレッスンです。

プリンは高1の娘も1回教えて以来ときおり作るくらいなので、気軽に作れます♪

どうぞお楽しみに。

お菓子教室の詳細はこちらから

12月プラス 濃厚な冬のフレンチ

12月はちょっとご馳走を意識した献立作り。
少し作業も多いですが、すでに始まっているこのレッスン、
パテ好きやシーフード好きの生徒さんが勢ぞろいで、とっても好評です。

鶏レバーのパテ。
パテはリクエストの多かった一品です。

作り方は難しくないけれど、そもそもレバーを扱ったことがない方も多く、
その下処理をしっかりとお伝えしています。
それさえがんばれば、濃厚なパテが冷蔵庫にも冷凍庫にも♪
時にははちみつを垂らして、ワインなどと共に楽しんでいただきたいスペシャルな一品です。

そして主菜は

シーフードドリア

魚介の旨味をすったベシャメルソースはさることながら、
下のバターライスに美味しさの秘密があります。

普段はドリアはあまり食べないという方も、
このライスとの組み合わせは気に入っていただけた様子でした。
手のかかる一品ですが、だれかに作ってあげたい、そんなお料理です。

前菜は、”ウフ・アンムーレット” という、中世ヨーロッパの女王のような名前。
でも、ウフ=卵

濃厚な赤ワインのソースとともに、柔らかなポーチドエッグが優しい
フランス料理のド定番の前菜です。
こういう日本では知名度がひくいけれど、実は王道 というお料理もたくさん知っていただきたいcalmoです。

ウフは卵って知っているだけでも、メニューを読み解けますから♪

そしてホリデーシーズンに合わせた焼き菓子。

はい。出直してきます。。。。

とっても簡単で、ホロホロっとくちどけするクッキーを
コーヒーと共に召し上がっていただいて、12月のレッスンはおしまいとなります。

今週末もレッスンは続きます。


長女の16歳の誕生日に近い週末のため、夜はお祝いなので、
前日にスポンジケーキは焼いておかねば~💦
(もう16歳か~。。。。そりゃ歳をとりますわ。。。)