カテゴリー別アーカイブ: お菓子とパンつくり

ひとくちお菓子→プティ・フール

レストランなどで、最後のコーヒーとともに小さな焼き菓子などが出ることがあります。

これをプティ・フールというのですが、一時つくりたいな~と思い買ったシリコンの型。
時折生徒さんとも話題にのぼるのですが、「型からうまく出せないよね~」っとちょっと不満だったため、
7,8年眠っていました(よく捨てなかったものだ。。。)

たまには使うかぁ と出してきました。

そしてふと、シリコンに甘んじることなく(?)少しバターをぬっておこうかな。。 と
施したところ大正解。

ココナッツのひとくちケーキ。

金属の型ととは違って表面がつるつるだからなのか、お菓子自体もツルっとした表面。
バターのおかげで型離れもよく、少し香ばしい。

今更だけど、使ってみよう。。。
うまくいけばクリスマス時期の焼き菓子に使いたいナ

 
Instagram calmoのインスタへ  ←ときおりupでごめんなさい💦

ふんわり

この子。

生地入れすぎた。。。

あまりシフォンを焼かない私。家族は結構好きなのだけど。

理由はひとつ。卵6個も7個もいるし、大きすぎて食べきれない!

対応策は何年も前から分かっており、小さい型を買う
ただそれだけなんだけど、買ったら作るのかな~。。。 作らなかったら邪魔だな~。。。。 ぶつぶつ

と、何年もスルー。

でも、先日、結構何も考えずにあっさりと買いました(私によくあるパターン 笑)

20cmあらため、17cm。

たかが直径3cmの差ですが、卵は3、4個。 1回のお茶と余りは翌日食べたい人が食べて完食。
一度目は卵5個にしたら完全に生地を入れすぎ、みごとに流れ出し。。。。
Oh,そんな少しの卵でいいんですネ。

 

何回か作りました。 感想としては。。。

「いい!」

お菓子が残り続けているのは好きじゃないので、焼いては人に差し上げたりしていますが
そればかりもご迷惑ですから、このサイズ、とてもよいです。

しずかに待とう

わ~!おっきなケーキ♪  と、なんと次女が触る。。。 ではなく、顔をピト。

はい、やけど

幸い、すぐに治りましたが、子どもって何をするかわからない。。。。
キッチンのものは切れるもの、熱いものがたくさんだよ と、いつも教えているけれど
この静かな雰囲気から分からなかったようです。

 

クリームチーズとバニラのシフォン

冷やして食べたいナ

クリームチーズがほんの少し軽さをだしてバニラを引き立ててくれる
「お。なかなか美味しい。。。」と思う仕上がり。

何度かやいてレシピを書き書き。 いずれレッスンにいれましょう。

 

長女「またシフォン焼いてよ」

私「え~、また今度ね~」といって型を収納(笑)

だって、暑いし、もう満足しちゃったんだも~ん

 

Instagram calmoのインスタへ  ←ときおりupでごめんなさい💦

ルルララはつづく。。。

先日、記事でもご紹介したルルララのお菓子シリーズ。

タルトの本は見ぬふりをしていたら、翌週、「まま!もう一度借りてきたよ!」とニコニコ(笑)

逃がしてはくれない笑顔の天使。。。

結構ちゃんとしているノ

なんて楽しそうに見えてしまうの!

で、「今日は暇?土曜日は教室?」とスケジュールまで聞かれ始め、
まぁ、こういうことも今しかお付き合いできないものね。。。  と
高学年になってすっかり「料理?興味ない」と言った長女を思い出して、腰をあげました(腰、重すぎ?)

思わず、あ~、ここは混ぜない方がおいしいんだけどな~ とか思ったりするんだけど、
ニンニン。。。 本通りにすすめますヨ。
がんばってバターと粉をまぜ、生地作り。 ここで30分休ませるのですが
お友達が「あそぼ~」っと来たので、ポイっと洗い物も放置され
2日寝かせました。 ま、ちょうどよい。。。

 

で、2日後、いきなり思い出したのか、学校でお友達に声をかけてきて(なんて自由なんだ。。)
もちろん、みんなノリノリ。

本には従わず、ハートや水玉をつける子供達。 お~。なんて柔らかい頭なの!

 

私が子供の頃、姉がこうやって友達を呼んで、母と一緒にパンを作っていた記憶がありますが、
私が3年生くらいになったころは母も忙しく、こういう機会はありませんでした。
(あ。いや、母ヨ、いまさら恨んでいません (笑))

だから、いいな~~~~ と思っていたので、
ちょっと面倒でも、やらせてあげたいな と思っています。

ぎゃ~ぎゃ~、わ~わ~ 騒ぎながらのお菓子作り。
かわいかったです。。。。

 

仕上がりは、全員超ニッコリなお顔で写っており、載せられません。。。。

ここが私の詰めのあまいところ

 

そして昨日、またなんか新しいのが図書バッグにはいっていたな~(笑)

ルルララ。。。

ルルとララってご存知ですか?

ルルとララのおかしやさんシリーズ。

長女も何冊か持って帰ってきましたが、これ、結構本格的なお菓子レシピ付きなのです。

まず持ち帰ったのはスイートポテト。
ぐっちゃぐっちゃになるからやだな~💦 とみてみたら、
卵黄、バター、生クリーム、シナモンがはいる、「おぉ。。本格派。。。。」
しかも子供の本なのに裏ごし付き(笑)

で作りました。(裏ごしはもちろん途中でバトンタッチ)

疲れました。。。

焼き色がつかず、思わずバーナーで焼いちゃう、結局楽しんでいる私ではありますが。。。

もちろん娘大満足。長女も「おいしい!」というもんだから、ますます楽しくなっちゃったようでして~。。。

毎週、学校の図書の時間がある曜日には帰ってくると
「ママ。次はね~♪」とおもむろに出てきます。

しかもアレンジもいろいろ載っており、この日は冷凍してあった苺をピュレにし、
苺ミルクプリン。

いい雰囲気にとってみよう。。。

合羽橋で昔かったな。。。。 と思うゼリーカップを久しぶりにだしてきました。
(使えたのでよかったかも。。)

ちなみにこのプリンは、ちょっと私は苦手な感じで、レシピも見るからに甘ったるそうだったので、
こっそりレモンを絞っておきました

長女も「酸味がほしい。。。」と同じことを言っていたので、
ラズベリージャムをのせたらおいしかったようです。

そして「ママ!じゃ~ん!」と出たのがこれ。

ってか、子どもなのに難易度が💦

う~ん。結構本格的だわぁ。。。

 

お話もたっぷり載っている本なので、娘は
ルルル ラララ♪  と読んでいます。。。

 

私?

ルルララ地獄と呼んでいます。

検索したら20冊以上はありそう。。。
こりゃ、しばらくつづくぞぉ。。。

先日のこの写真をインスタあたりで見てくれた友人が「食べたい。。。」と。

「よし。つくりまひょ。来なはれ」

と、もちろんこんなコテコテ京都弁では言いませんでしたが。。。

ワタクシ、卒園イベントでちょいと大役をおおせつかりまして、
一緒ののりきる同志とともに決起お茶会をしました。

ガラスっていいなぁ。。。

だんだんカスタードが好きになってきました(今更?)
ピーチクパーチク(←死語)
パンもパスタもコーヒーも紅茶もタルトもお土産のクッキーも。
あれよあれよと平らげ、気づいたら6時間。

いや、長居しすぎでしょ(笑)
幼稚園ママの世界、おそるおそる入り込みましたが
よい友人たちに恵まれ、楽しい思い出ばかりの3年間。

あ。。。。 だめだ。泣けてくる

 

再来週にはもう卒園です。
体も心も大きくなってきました。

あぁ。。。↓にもどってほしい。

13歳の方ももどってくれないカシラ?

たまには。。。

先月のピーカンナッツのタルトのピーカンナッツがあまっていたので。。。。

まぜるだけ~

混ぜてオーブンへポイ。

オーブンまで10分でおいしくできちゃう。そんなマフィンって侮れない。。。。

そのうちミニにしてレッスンしませう♪

おせちハーフレッスン と13歳

年賀状、大掃除など、

やらなきゃね~。。。 と横目で見ている間に走り去る12月。
もうあと2週間ですね。。

年末に控えるおせち教室ですが、
その前にひとつ、大きな仕事を終えました。

おせちハーフレッスン

ハーフとはいえ、9品目のレッスン。
今年ご紹介しない品目も、ご試食としては作っておいたので
お重の中はもうお正月。

野菜の漬け方やごまめ(田作り)の調味料を煮詰めるポイントなど
なんとなく知っていたことを、あ、そうか! という生徒さんそれぞれのキラリを
得ていただいていれば幸せ。

普段のお料理でも活かしていただきたいな。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

 

さて。去年も今年も、おせち教室のど真ん中で長女の誕生日がありました(ごめん)

やっぱり当日にお祝いがいいかなっと、平日だったのですが
「何食べたい?」と聞いたら
「たこやき」と。。。

 

それでいいのか???

 

と思いましたが、結果的にとってもありがたい。
楽ちんだし、キッチンを使わないので、レッスン準備への影響がない(笑)

スポンジは前日にやいておいたので、
レッスン後にタコ焼きの準備をし、幼稚園から帰ってきた次女と苺の盛り付け。

なのですが、やっぱり、いろいろ片づけなどもあってバタバタになり、
結局、夜に部活から帰宅した長女本人も巻き込んでのケーキ作り。
まぁいっかぁ。。。

たけのこの里?

これは絶対にやりたい と次女↑
ニョキニョキとクリームが生え始めました。

大人になってきたな。。。

でも苺とろうそくが乗っちゃえば、りっぱなケーキ。

モコモコのクリームが気にならないわけではないけど
子供自身が作ったケーキでのお祝いの方が、きれいなケーキよりも楽しいわ と思いました。
(でもクリームを塗るのはやっぱりやらせることができない、大人げないアタシ。。。)

13 のろうそくを立てたかったのに、当日買いに行ったら(前もってができないアタシ。。。)
1と3だけうりきれている!
今年は13歳と31歳が多いのか? と一人で突っ込みつつ、13本のろうそくを買ってきました。

そろそろろうそくが狭くなってきたぞ~。

ここでQ&A

12歳はどんな一年だった? → 受験がおわった。遊べた

13歳はどんな一年にしたい? → 勉強をもっと効率よくして、もっと遊ぶ時間を増やしたい

 

とのことです。
つまり、とにかく遊びたいんだね?(笑)

まぁ、13歳なんて体は大人なみになってきたけれど、そんなものですね。
あんまり大人になられても寂しいものもあるし、「そうね。効率よく のところ、がんばれ」と言っておきました(笑)

 

番外編
半分のこったケーキを翌日食べました。

次女、食べる前に舌がでてる

 

あめちゃんいる?

これ、よくお笑いにされている関西のご婦人のセリフ。

でも、確かに昔は言われたし、
言われてみると、なぜか母も周りの大人も、カバンに飴をもっていたような(笑)

 

それは私はしませんが、昔っから「人のお世話を焼きすぎて自分がお留守に」と個人面談や通知表で言われてきた私ですので、
ちょっと元気のない友人を見つけたり、
少し会うタイミングがあったりすると、つい、贈りたくなってしまう。

クッキーいる?

ちなみに上の写真のパンはツォップというスイスの定番のパンでして、
手のひらサイズのものから、赤ちゃんより大きなサイズまでがどのパン屋でも並んでいます。

甘味のあるリッチなパンで、柔らかく、
パンも知らないのに、日本にもどったら母に生地をつくらせ(ゴメン)
とにかく編んで焼いたっけな。。。。

もちろん、編めばおいしいわけではないので、おいしくなかったような記憶です。

 

でも、通信教育でパンを習っているときに課題で出て、きゃぁ! と嬉々と作り、
何度もレポートを提出。
スクールでのレッスンにも申し込んで、先生から直接習い、
あぁ、この味。。。 と感動したパンです。

 

それをすっごい気まぐれの5年以上ぶりに焼いたのです。
ちょっと編みがきつかったので、発酵が弱かった模様。
リベンジするぞ~(最近、パン熱が戻ってきています)

 

話がそれちゃったけれど、もちろん母にもお菓子宅急便。

シュトレンやクッキー、先月のレッスンで行ったチーズケーキ、
来月のタルトの試作などなど。

いろいろと気にかけて送ってくれる母なので、お返しというほどではないけどネ。

そしてこのクリスマスシーズンは、人と会うことも多く、おせっかいがとまらない。
というか、作る機会が多くて超!うれしい。

クッキーでオーナメントつくってみたいな

 

やっぱりあめちゃんいる? の精神かなぁ?

 

ちなみに、「ちゃうで、ちゃうちゃうちゃうんちゃうん?」というのも、
若干、大阪弁ではありますが、私的には何ら違和感のない言葉遣いであります。
みんな、知ってる?(笑)

 

 

クリスマス支度

は~や~く~。。。 と言われ続けて、12月初めにツリーを出しました。

毎年、少しパーツを増やすのですが、
今年は、今更? ながら、トップスター。

これまで無理やりにつけていたので、とっても嬉しいわ。

フレッシュはやっぱりいいな~

数年ぶりに生木のリースも作りました。
忘れていた大好きな時間。 またお花始めたいな。。。

 

通常レッスンは終了しましたので来週からは

→おせちハーフ→長女誕生日→クリスマス→おせちレッスン。

師走だわ💦

 

 

冬のお菓子教室(1-2月)のお知らせ と またまた試作の日々

もう師走が目の前。

おせちの材料も数量とりまとめや最終確認で、少し頭の中が忙しくなってまいりました。
老化を切実に感じてしまう、この数年。
おせちだけは(いや、それ以外もですが。。。)ミスはあってはならぬ。。。。

なのですが、本格的に忙しくなる前に と、1-2月のお菓子教室のレシピを作っています。

 

2018年1月末~2月初にて、行います。

ピーカンナッツと胡桃のタルト

こんな感じ

胡桃は苦みもあるので、ピーカンナッツを主役としつつ、
胡桃のほろ苦さもきかせたザクザクと楽しいタルトです。

で、これがいいわね~ っと、決めて募集を開始し、レシピを書き起こして少しずつアレンジ版もと、レシピ1/3量の手のひらサイズでいろいろ焼いています。

10cmの食べきりタルト

なんと奥が深いことよ。。。

左から時計回りにキャラメリゼしたもの → それに卵を加えたもの → キャラメリゼはせずに卵を加えたもの

 

と、微妙な差でしかないのに、焼き上がりにも食感にも大きな大きな変化がうまれています。

おぉぉ。。。 これは、まいった(笑)
どれもそれぞれの食感と美味しさがあり、どれにするか思いあぐねはじめたcalmo。

こんな時は試食の友へgo。

一般投票の部

私自身の想いや感想、配合の違いは全く告げず、
番号をふってお渡し。
好みを教えてね と。

チーズケーキ以来、数名の友人にこうやって受け取ってもらい、率直な意見を聞いていると
いろんなとらえ方や、好みがあることがわかり、
とても勉強になります。

ありがたや。。。

フロランタンのようなヌガーに近い仕上げのもの(エンガディーネに近い)か、
少し柔らかさのあるもの。
どちらもいいな~と思うので、あとは私の心で決めるだけかな。

 

お菓子には正解がないな  と思う今日この頃です。

フルーツ漬け

先月の娘の運動会に関西からはるばる足を運んでくれた母。

事前に「おいしいシュトレンを作りたいよ」 と言われていましたので、
個人的にはあまり関心のない(笑)お菓子ながら、友人の力もかり、
昔かよった学校のレシピをみたりしつつ、お勉強。

とくに難しいことはないのだけど、パンのようでお菓子のような不思議な工程が面白く、
少しの配合を変えるだけで、かなり違うものになるシュトレン。

ちょこっとお裾分け すでにクリスマスモード

今更ですが魅了されています(おっそ~い??)

母がいる間にも2回つくり、母には家で作れるように材料とともに持ち帰ってもらいました。
ハロウィンも終わらぬうちから、母は家で焼いていたようです。

私もまた、12月につくるゾ。

 

で、フルーツのお話。
シュトレンはたくさんフルーツがはいるわけですが。。。

普段は市販のフルーツミックスを使っていたのですが、
母が10年以上(?)寝かせていたフルーツ漬けを分けてくれました。
(2年前に分けてって言ったら断られた宝もの (笑))

そちらでつくったシュトレン。

 

ハイ。まったくもって別物でございました。 ふか~い味わいと香り、そして全体的にしっとりと仕上がるシュトレン。

シュトレンは工程もさることながら、フルーツ漬けにこだわるべきだ と
おそらく当たり前なんだろうけど、気が付きました。

 

私「この作り方教えて♪」

母「記憶の彼方」

 

だそうです。

 

さ~。どうしましょうかね。。。

 

お菓子作りとタイカレー

変なタイトル~(いつものことですが。)
お菓子をともに勉強した友人と、年数回ですが、一緒にお菓子を作ったり
お互いのものを持ち寄ったりしてあっています。

おたがい、仕事に子育てにと忙しくしているので、今回も半年ぶり?

 

私のリクエストは
1.私のチーズケーキを食べて品評お願いします
2.あなたのチーズケーキを食べたいので焼いてきてください(図々しいにもほどがある 💦)
3.母がシュトレンを食べたいそうなので、一緒に焼いて教えて(本当に図々しい。。。)
4.おいしいウィークエンドを作りたいから、一緒に作って(。。。)
5.おいしいコーヒーを入れてほしいので器具をもってきてね(よく友達続けてくれてるわぁ。。。)

 

と、まぁ、言いたい放題。

で、せめてランチはリクエストしてねっ ということで、
以前にも作って喜んでくれていたタイ北部の名物、カオソイを作りました。

野菜もいっぱいよぉ

ベースはレッドカレーなのですが、下にはラーメンのように麺が入り、
上にはあげ麺、生野菜、そしてパクチーはどっさり。

甘辛酸っぱいタイの味。

学生時代に何度もタイにはいったけれど、やっぱりこれ(とソムタム)が大好物。
やはりおいしいのぅ~。

生徒の皆さん、レシピ掘り起こして作ってね(笑)

友人が到着後、ついつい座り込んで話をし始めてしまったけれど、
シュトレンは発酵ものだから!と重い腰をあげて作り始め、そこからは話も花が咲くけど
手も動く! 久しぶりだから、本を持ってきて「えっとぉ。。。」ということもあれば、
「あ。間違った」「まぁ、いいよいいよ~」と徐々にO型&関西人な2人(そう。たまたま彼女も関西人)

発酵させる支度が終わり、ウィークエンドをオーブンにいれ、お菓子のあま~い香りが部屋中に。
そこに、ジワジワとタイカレーの香りが!
車だし、私も昼間のお酒は疲れるのでノンアルコールで乾杯。
笑いと甘い香りとエスニックが混在する、それはそれは不思議で近所迷惑(?)なランチタイムでした。

で、いつものことながら、ちゃんと写真をとる という始末をしない私デス。
これ、私の課題カモ。

見た目って大事

友人のチーズケーキに焼きあがったウィークエンド。

前に撮った写真ですが、私のチーズケーキも試食プリーズ。

私の中でも完成間際だったのだけど、「マル」をいただきました。
う~ん。うれしいゾ!

 

せっかくだから、渋皮煮もあけるから、食べてみて!
「甘さがもっとあったら照りもでるで~」とのご指摘。

なるほどね~。ついひかえちゃうのよね~。。。

 

と、食べたし食べさせた(笑)

たくさん残していってくれたお菓子類はご近所のお友達数名のお宅へ遠征。
もらってくれる友人たちも、私にはなくてはならない存在です。 ありがたや~。

 

ちなみに、あまりにもいろいろお願いしたので、リクエスト5は「忘れた」ということでしたので、
次回は私がお邪魔して淹れてもらおう☕
Iちゃん、今回もいつもいつもありがと~。

元気とやる気をもらいました

 

さて、ここで腰の引けたお知らせです(笑)

このブログは10年近く続けていて愛着があるので、これからも続けますが、
デジカメで写真をとってパソコンに入れて という作業により、日々更新とならないし、
最近は写真もつい携帯でとるだけになりがち。

前からやろうと思ってアカウントは持っているけれど2,3記事で放置していたインスタグラム。

ぼちぼちそちらにも手をかけようかと思います。

結局、ブログと同じくらい亀じゃないの! って言われたら、やめます(弱気)

calmoのインスタはこちらです(まだ中身ないから見ない方がいいかも💦)

 

Autumn has come

autumnって難しいスペルだと思いませんか~?

オートゥム と発音するんだからぁ。。。 と思っても、
つい、autoum とか書いてしまって、毎度、調べる私。

これ、中学生のころから変わりません。(今回も調べた 💦)

いまだに、エレベーターとエスカレーターは、一瞬考えないと間違ってしまうのですが,autumnも同じジャンルに属しております。(あと、different と difficult もよく言い間違う (笑))

という話はまったく関係なく。

 

寒い!暑い!  と落ち着きのない9月前半。

 

我が家に秋がやってきました。

秋の王様

友人が栗拾いに行ったからもらって~ と、うれしい悲鳴のご連絡。

はいは~い。明日は時間があるから剥けるので、今日とりにいくわぁ と図々しく、受け取ってきました。

栗拾い という響きで勝手に侮っていましたが、この栗、とってもおおきい。
ものによっては2L、3Lサイズで、
こりゃ、栗ご飯じゃぁ、申し訳ない という立派さ。

 

そうなったらやっぱりこれよね~。

じんわり

渋皮煮。

ちなみに上の写真の渋皮煮ですが、去年に作ったものです。
今回、渋皮煮を作るにあたり瓶を探していたら、冷蔵庫に去年のものを発見。
煮沸密閉していたので、まったく開かず、3日かかってあけ、
正直なところ、おそるおそる一口たべたら。。。。

おいしぃぃぃぃぃ~! と私と長女。

1年たってます ということから、人には差し上げられなかったけれど、とってもおいしくて数日でお茶とともに消費しました。

 

で、いただいた栗で仕込んだ今年の渋皮煮は↓

よそ行き♪

せっかく手をかけたんだから、我が家の分もちゃんとラベルをはっておめかし。

うん。これだけでグレードが上がるわ~ と思いました。

 

友人も渋皮煮を作る といっていたので、ブランデー入りをほんの少しお礼返し。
そのほか、近々あう予定の友人にも と、いそいそと分けました。
私、こういうことをやっていると、
食べることも好きだけど、それ以上に「作る」ことが好きなんだわぁ~ と思います。
小さめの栗や割れたものは、栗ご飯へ。

新鮮な栗だから灰汁も少なく、早々と秋の献立をいただきました。
栗の話を友人とLINEしつつ、作りつつ、食べる1週間。

予期せず、楽しい秋の一週間を過ごさせてもらいました。

 

もう一回、栗買って作ろうかな~
(きっと、これを見た母が送ってという予想 (笑) 母君、送るわね~)

 

主役か脇役か。。。

先日のけがにより、テニスはもとよりジム通いも少しお休み。
週2,3回してきた運動がなくなるってことは。。。

「絶対太るよね」と友人にニヤっとされましたが、そのとおり。。。

太るのも困るけど、それよりも筋肉や代謝も落ちるだろうし、困ったワ。

 

ということで、せめて食事に気をつけよう と思い、
アルコールはもちろんのこと、間食も控えるようにしています。
その分、ご飯はかな~りしっかり食べているので、ストイックなことは何もないのだけど、
なんとなく「ガマン」してる気がしていて。。。

1週間たって、「甘いもの食べたいな~」 と、女子高生のダイエット切れみたいになってきました(笑)

そういえば先日、柚が「フィナンシェ食べたい」って言っていました。
私は速攻で、「げ。こんな暑いのに、ヤダ~」と却下していたんだけど。

私、気分は猛烈に。。。。

 

で、焼きました。(そこまで元気になった自分がうれしい。。。)

禁断のオーブンオープン(やっちゃダメなこと、No1かも?)

プクッ
この型で焼くと、中からの膨張で、途中で一度富士山になるノ。 これが大好き♪
そしてあと5分!

焼けたで~

カリッとした表面と、なかはしっとり、シンプルなフィナンシェ。
1年以上焼いてなかったけど、案外ちゃんと焼けたわ~(ほっ)

突然だったから、水あめもこだわりの粉もなく、
はちみつとフツーの粉だったけど、家族は大喜び。

でも、私はひとかじりの味見で十分。
あとは、「今日明日が一番おいしいから、みんなで食べちゃっていいよ~」と、ぽいっとキッチンに放置。

 

だって、私は猛烈に~

ドッチガシュヤク?

こっちこっち。左でございます(これは柚のお皿なので、どっちもあるノ)

なんだかと~っても、クレームブリュレが食べたくなったのでした。
小さい容器だから50ccもあるかないかなんだけど、コーヒーとともにジワリと味わいました。
大 大 大満足

フィナンシェ8個とブリュレが4個。 これが卵2個で作れるんだから、
ほんと、黄金の組み合わせだわぁ。

 

レッスンでも、フィナンシェを主役に、あまった卵黄でおまけのブリュレ という組み合わせでしたが、
この日の私にとっては、フィナンシェはお付きのものって感じでした。

 

おいしかった~。

またすぐに作りたくならないよう、容器はあらって片づけました(笑)

 

惰性で食べるのではないスイーツってしみじみおいしいなぁ と
なんだか大事なことを思い出したような1時間でした。

食べきりサイズで作るって、いいもんですね。

ほっと一息

忙しかった役員仕事もあとは本番を残すばかり という感じで、
少しスケジュールにゆとりのある10月。
土日はギュウギュウですが、平日はテニスに行ける日もでてきて、
気持ちも軽やかです。

今週はグッと冷え込みましたね。
今日は朝いちばんにテニスにいったあとは、荷物のうけとりやガス点検などが重なり、
家から出られないわ~ という一日でしたので、
秋らしくお茶にあうお菓子を ということで焼きました。

抹茶パウンド

抹茶パウンド

ほろ苦さを感じるくらいに抹茶を加えたパウンドケーキ。
ホロっと口の中でほどける柔らかさがほしいので、
きめ細かく仕上げています。

最近作ったパウンドケーキの中で、一番気に入っているケーキです。

 

もう少ししたら長女の運動会。
組体操の仕上がりは「あと数日で仕上がるレベルではない」 となぜか自慢げに言っています。
(ちょいと、仕上げてよ。。。)

これぞ突貫工事といえる練習だらけの日々。
毎日毎日下校が遅く、帰ってきたら「おなか減った!」 と
やっぱりメンズな長女です。

今日はこのケーキなんですが。。。。

パンみたいに食べられそうで怖いです(笑)

 

冬はパウンドケーキのレッスンをやろうと思っておりましたが、
私事で家を空けることが多くなりそうなので
2017年冬のお菓子教室はお休みする予定です。

ただ、数レッスンだけ、過去のリバイバルレッスンを考えています。
ショートケーキ、クッキー、トスカケーキあたり。
ご要望があれば、開催計画しますのでお知らせくださいませ。