カテゴリー別アーカイブ: お菓子教室

3月 フィナンシェのレッスンをします

 

今年の春に少し予告をしていたのですが、
来年、桜が咲く前にフィナンシェのレッスンをします。

まずはベーシックなプレーンは必ず押さえて。。。。

フィナンシェのレッスンは、レッスンの中で何回も焼いていただき、
手で覚えて帰ってもらいたいので、
今回は3種類。

プレーン

白あんを練りこんだ抹茶フィナンシェ

さりげなく出会う白あんにより、さらに生地はしっとり。
美味しい緑茶とあわせようかナ。

そして混ぜ方を工夫し春を味わう
桜フィナンシェ

 

混ぜ方、温度調整、材料の比率による大きな変化を学んでいただきたいと思います。

そしてフィナンシェと言ったら、クレームブリュレ!

なぜならば卵黄が余るからです!

こちらは超簡単なので、デモンストレーションで作り、ご試食いただきます。

ランチをお出ししますので、
レッスン→ランチ→またレッスン→フィナンシェとブリュレでお茶→フィナンシェをたっぷり持ち帰り  という贅沢な内容です。

 

詳細は以下をご覧ください。
お菓子教室calmo 2019春 フィナンシェ3種とクレームブリュレ

まだお正月も来ていないけど。。。

3日後には、おせちエントリーレッスンがあるけど。。。

でも、春を思っての予告でした。

 

シュトレンを待ちながら。。。

シュトレンのレッスンが始まりました。

これはお菓子のようで、パンの作り方になりますので、
発酵ってね。。。 という話からはじまる、いつもとは違うレッスン。

発酵って理解するまでは??? かもしれないけれど、
育っていくのをまつ、楽しい時間ですし、
このおかし作りには「待つ」というゆとりの時間があります(待てない人もいる (笑))

大きくなぁれ

発酵して、フルーツをいれて、形をつくって、また発酵。。。。

ワクワク。。。

 

大人シックなクリスマスカラー

もちろん、待つ間にはランチタイム。

赤ワインのリゾット

長年の私のお気に入り。
でも久しぶりに作った、赤ワインのリゾットを中心に、
「ワインレッド」に統一したランチプレートとしました。

好評につき、来年のレッスンへGO かな♪

こっちが主役

もちろん、食後には数日前に焼き、少しずつしっとりし始めているシュトレンをご試食。

for you

ラッピングの仕方もご説明しています。

数日は寝かせてほしいので、ぜひラッピングして、見えないようにしてネ(笑)

さぁ、今日もレッスン。
今日の生徒さんは、どれでラッピングなさいますかな???

楽しみです♪

 

焼き菓子屋(ガトーショコラ編)

製菓用のチョコレートがあるので、差し上げます。そして、一部をお菓子で返してほしい

という、面白く、楽しい依頼がございました。

え~♪ いいのぉ?

ということでやってまいりました。マダガスカル産のカカオ75%とフランス産53%。
おぉぉ。。。 あるいみ対極の2種類がきたわけだネ。

3台半は焼ける。。。。 ということで、大1台、小1台を焼いてお渡ししました。

しっと~り なのよん♪

くろいお菓子って、どうやって写真をとればいいのだ?(笑)

チョコレートのお菓子はいろいろあるけれど、
チョコ!が食べたいということだったので、やっぱりこれがいいでしょう。
(1月のレッスンの手慣らしをした。。。 ともいう(笑))

濃厚~。柔らかすぎず、口で溶ける~♪  と喜んでいただき、
calmoも焼く喜びを味わえ、とっても楽しいオファーでございました。

※calmoはこれまでレッスンしたお菓子は、事前にご依頼いただければ焼いて販売しております。
ご要望があればぜひおしらせくださいませ。

Instagram calmoのインスタへ  ←ときおりupでごめんなさい💦

フルーツ漬け

シュトレンレッスンまで2か月となり、
大量のフルーツとお酒を用意して、2時間格闘しました💦

切っても切ってもフルーツが~。
そしてお酒の匂いにも、ほのかに酔いはじめたこと、できました(笑)

キラキラ

シュトレンはカット面が地味なので、少し明るめのフルーツもとりいれて仕込みます。

漬けて1週間。少しなじんできたかな~?

2か月と言わず半年でも漬け込みたいフルーツですが、寒くなったころにはしっとりおいしくなってくれているはずです♪

わいわいコーヒータイム

9月のプラスレッスンはイタリアンで、食後にマロンのデザートがあり、
先週後半から明日まではチーズケーキのレッスンがあり、

なんと絶妙なタイミング。。。。

ネスプレッソ

何度もレッスンにいらっしゃる方は2杯目、3杯目をお楽しみいただいているので、
前回はカプチーノだったから、今日はアイスカフェラテ。。。。 と変えたり、
すでにマシンをお持ちの方は、普段飲まないカプセルをためしたり  と、
お楽しみいただいています。

最初は私が入れていたんだけど、やってもらっちゃおうか? と思い、
週末からは、生徒さんたちで入れていただいています。
(だって、カプセル入れてボタン押すだけ (笑))

チーズケーキにはコーヒーだよね~♪

 

普段コーヒーは飲まない という方も、せっかくだからチャレンジ。。。 といって飲まれているのですが、
「私、案外コーヒーいけちゃうのかも。。。」という発言がちらほら。

ドリップコーヒーになじんでいる日本人なので、エスプレッソはまた違う味わいや楽しみもあり、
カフェオレなどにするにはとてもおいしく、
あらたな嗜好を発見していただいているようで、コーヒーloverとしてはうれしい限りです。

11月末までお借りしていますが、ここから数か月はレッスンもおおく、
はたしてカプセルが足りるかな~(笑)

シュトレンでも楽しんでいただきたいから、買っておこうかなとおもってます。
みなさま、どうぞお楽しみに~。

 

あっ、でも、メインはお料理だし、チーズケーキですから、
そっちを味わってくださいね

シュトレンのレッスン ご予約開始しました

以前に告知したとおり、11月~12月のお菓子教室ではシュトレンを作ります。

去年まで全く興味のなかったシュトレンが、こんなに魅力を感じるものになるなんて不思議なものです。

どってり甘いお菓子は苦手なので、
フルーツだけではなくナッツも加え、レモンピールなどもはいる軽い味わい。

でも時間の経過とともにしっとりおいしく進んでいく、魅力のお菓子です。

慌てて食べなくても、2週間はおいしくたべられるので、去年は本当に1日1㎝食べることが日課だった気がします♪

シュトレンは一人1台ですが、材料費を足していただいて2台焼いてもってかえっていただくこともできます(作業は2台分おねがいします(笑))

そして発酵、焼成の待ち時間が長いため、今回もランチ付き。

 

実は今日もつくってしまったの。私。。。

オレキエッテ

だって友人がご飯食べに来るんだもの~💦 またとないチャンスだわ!とおもってしまって。

多く作っても、乾燥して保管しておけるので、まぁいいとしよう。

ここ3週間で作った中では、このオレキエッテがやはり一番簡単な気がしますが、
これは侮れないおいしさなのです。モチモチ モチモチ。。。

そして食べてもらいたい病につき、シュトレンのレッスンのランチは生パスタにします。

 

言っちゃった~。がんばろ~(笑)。

 

Instagram calmoのインスタへ  ←ときおりupでごめんなさい💦

ふんわり

この子。

生地入れすぎた。。。

あまりシフォンを焼かない私。家族は結構好きなのだけど。

理由はひとつ。卵6個も7個もいるし、大きすぎて食べきれない!

対応策は何年も前から分かっており、小さい型を買う
ただそれだけなんだけど、買ったら作るのかな~。。。 作らなかったら邪魔だな~。。。。 ぶつぶつ

と、何年もスルー。

でも、先日、結構何も考えずにあっさりと買いました(私によくあるパターン 笑)

20cmあらため、17cm。

たかが直径3cmの差ですが、卵は3、4個。 1回のお茶と余りは翌日食べたい人が食べて完食。
一度目は卵5個にしたら完全に生地を入れすぎ、みごとに流れ出し。。。。
Oh,そんな少しの卵でいいんですネ。

 

何回か作りました。 感想としては。。。

「いい!」

お菓子が残り続けているのは好きじゃないので、焼いては人に差し上げたりしていますが
そればかりもご迷惑ですから、このサイズ、とてもよいです。

しずかに待とう

わ~!おっきなケーキ♪  と、なんと次女が触る。。。 ではなく、顔をピト。

はい、やけど

幸い、すぐに治りましたが、子どもって何をするかわからない。。。。
キッチンのものは切れるもの、熱いものがたくさんだよ と、いつも教えているけれど
この静かな雰囲気から分からなかったようです。

 

クリームチーズとバニラのシフォン

冷やして食べたいナ

クリームチーズがほんの少し軽さをだしてバニラを引き立ててくれる
「お。なかなか美味しい。。。」と思う仕上がり。

何度かやいてレシピを書き書き。 いずれレッスンにいれましょう。

 

長女「またシフォン焼いてよ」

私「え~、また今度ね~」といって型を収納(笑)

だって、暑いし、もう満足しちゃったんだも~ん

 

Instagram calmoのインスタへ  ←ときおりupでごめんなさい💦

分厚くキッシュも♪

キッシュのレッスンも残すところあと数回。

数回のレッスンであまった生地をあつめたら、結構あったので、
背の高い生地を出してきて、中身のたっぷりのキッシュを焼きました。

夏野菜がたっぷり

私は生地が好きなので、いつもの低いキッシュが好きですが、
今回は、夏野菜をぎっしり入れたので、卵液はそこまで大量ではなく、
とっても優しい仕上がり。

友人にも1切れずつ渡してみましたが、これも好評でした。

 

生徒の皆さまこれは底15cm × 高さ5cmほどの型。
レッスンでのレシピの1.5倍の生地と1.5倍の卵液、2倍のお野菜でちょうどくらいです。

焼き時間は5~10分長めにとってくださいネ。

お菓子教室 募集(ベイクドチーズケーキ)と予告

 

タイトルの通りですが。

去年の秋におこなったベイクドチーズケーキ。

ご要望が多く、再レッスンすることにしました。

しっとりこってり そしてさわやかでありたい

これは相当研究しましたので、チーズが嫌いな人以外(笑)にはには絶対NOと言わせない という自信があります。 コクのある重厚な仕上がりを知ってください♪

しかも、相当簡単ですので、お菓子はハードルが。。。 と思っている方も
ぜひ、チャレンジしてみていただきたいです。。

もうおわり? というくらいに早く作業はおわり、そのあとは1時間弱の焼き時間をまつ。。。

となりますので、今回もランチ付きでレッスンします。

またパンを焼こう。。。

詳しくは以下にてご覧ください

料理教室calmo【お菓子教室について】

日程は9/14(金)11時~、9/15(土)14時~、9/17(火)11時~ のとりあえず3日を設定しましたが
ご希望がございましたら、変更追加可能ですのでお知らせください。

 

そして、その先の予告ですが。
11月にシュトレンのレッスンをします。

これも去年、相当何回も試作をくりかえしたももので、温めております
12月にご自身で焼いてもらいたいので11月のレッスン(12月はおせち教室もあるし~)。

でも、焼いて持って帰ってクリスマスに食べたいの! という方向けに1レッスンだけ12月の平日にレッスンする予定です。 できれば11月にきてね! だって、復習してもらいたいもの!

そして、自分ではやけない。。 という方のために、12月限定でシュトレンを販売します。
12月のレッスンにお越しの方のみ対象となります。
でも、できれば11月にうけてね! だって、作ってもらいたいもの!

 

ということで、11月のシュトレンレッスンをお楽しみに!(笑)

 

秋以降だけれど、レッスン予告

この数か月で、ふらっと適当に焼いたお菓子がいくつか、ヒットの予感。

パサつくことが多く、あまり好きな部類のお菓子ではなかったのだけど、
しっとり濃厚に仕上がったお気に入り。

やっぱり生クリームよね

ガトーショコラはリクエストでもあり、
やっぱり研究しておこうかな と思って作ったのですが
思わぬ仕上がりとなりました。

そして、和のフィナンシェも完成。
まずは抹茶+アルファ。

抹茶に見える。。。

白あんを練りこんでみました。 しっとりおいしい~。
混ぜ方とタイミングに大きなポイントがあるな~と思い、
なんどか試作。

そして、それならばもうひとつ和フィナンシェを作ってレッスンしたいと
さくらフィナンシェ。


これは友人にもらったフィナンシェからアイデアをもらいつつ、
混ぜ方にすこしこだわった一品です。

 

夏はお菓子教室はお休み。
9,10月には、チーズケーキの再レッスンを待っていただいているのでそちらを行い、
秋、冬で和フィナンシェやガトーショコラをレッスンしたいと思います。

お楽しみに~。

 

 

 

 

6月 キッシュのレッスンを行います

タイトルの通り。。。

先日おわったショートケーキのレッスンのあと、お菓子教室のご案内をしていていませんでしたが
6月にキッシュのレッスンを行います。

キッシュはお料理ではありますが、工程としてはお菓子となりますので
お菓子教室(特別教室)として行います。

2,3月に行ったピーカンナッツのタルトで使っている生地でもキッシュはできますが
今回は、キッシュむけに、少し味わいをかえ
ご紹介します。

 

キッシュだけでは寂しいですから、それに合わせてスープやサラダなどをご用意し、
焼いている間はランチタイム。
キッシュの生地も1回分もちかえり という、盛りだくさんなレッスンとなります。

詳しくは以下よりご確認ください。

2018年夏 お菓子教室「サーモンと夏野菜のキッシュ」

 

お楽しみに!

 

タルト・フレーズ

大雪 のち 大寒波で、まだまだ凍った道もある今週ですはありますが。

あ~。春が近づいているのだわ~。。。

と思うお菓子。

タルトフレーズ

おとめだわ。。。。

ドデカあまおうしか買えなかったので、やむなくカットしてのせていますが
1パックのせきり!

タルト生地にアーモンドクリーム、カスタード+生クリームの
なんとも贅沢なお菓子であります。

私はあまりカスタードクリームを好んで作らないのですが、
カスタードのお菓子も作りたい とのリクエストを受けているし。。。

おもいっきりハッピーなお菓子をつくりたい!とおもって、
久しぶりにカスタードをつくり、苺を買いに行ってきました。

ちなみに私自身はカスタードは好まないけど、生クリームと合わせると好き。
(カスタード+生クリーム=クレームデプロマット という立派な名前がつきます)

 

ちょこっと小さなサイズを作ったので、
何年振りかに食べましたが、優しい甘さと甘酸っぱい苺の組み合わせが
なんとも華やかで幸せな気分にさせてくれました。

うん。カスタードのレッスン。やりましょう。
そんなに大変ではないハズ!

 

さて。このハッピーなお菓子はお届けものなの。

今日は2/1。
中学受験が佳境を迎える時です。

小さなころから、親族のおばさんくらいの近さで接してきた友人の子が
その時をむかえており、
もうここまできたら緊張なく、ハレバレと向かってほしいな。。 と
ぱぁっと明るいお菓子を作りました。

私はとどけず。
いとこ並みに近くつきあっている娘にとどけさせ、
12歳と13歳で二人のお茶の時間をしておいで といってあります。

どんな話をするのかな。 12歳ってどんなだったかな。。。

 

ここから数日間。お天気ががんばるみんなを邪魔しないことを祈りたいと思います。

おせちの残りで

おせちの残りは出ないように少量にし、早々とたべましたが
金柑と栗は残しておきました。

金柑はラムレーズンとともにパウンドに。

しみじみ美味しく

フルーツたっぷりのパウンドケーキはリクエストもいただいているので、
秋か冬にレッスンしたいと思っています。

が。

栗の残り↓

何が好きってモンブランが大好き

甘露煮で作ると懐かしい仕上がり。

でもマロングラッセに変えると

少し丁寧にしぼってみた。。。。

これだけでバージョンアップするように感じるのだから、見た目というのは大事であり
騙されてはいけないと思ったりもするのです。

 

もとい。
ワタクシ、モンブランがとっても好き

このタルトベースのものはレッスンでは大変だと思うけれど、
秋冬にモンブランもレッスンしてみたいなぁ。。。。。

名古屋時代にはモンブランロールをレッスンしたことがありましたが
とても好評でした。

そろそろ、栗のお菓子、スケジュールにいれたいcalmoです。

おいしさと作りやすさのバランス。
これがレッスンを考えるうえで一番大事なわけで。。。
モンブランにおいては、そこをどこまでおいしさに引っ張っていくか
これが、大きな課題のように思えます。

はてしないな~

冬のお菓子教室(1-2月)のお知らせ と またまた試作の日々

もう師走が目の前。

おせちの材料も数量とりまとめや最終確認で、少し頭の中が忙しくなってまいりました。
老化を切実に感じてしまう、この数年。
おせちだけは(いや、それ以外もですが。。。)ミスはあってはならぬ。。。。

なのですが、本格的に忙しくなる前に と、1-2月のお菓子教室のレシピを作っています。

 

2018年1月末~2月初にて、行います。

ピーカンナッツと胡桃のタルト

こんな感じ

胡桃は苦みもあるので、ピーカンナッツを主役としつつ、
胡桃のほろ苦さもきかせたザクザクと楽しいタルトです。

で、これがいいわね~ っと、決めて募集を開始し、レシピを書き起こして少しずつアレンジ版もと、レシピ1/3量の手のひらサイズでいろいろ焼いています。

10cmの食べきりタルト

なんと奥が深いことよ。。。

左から時計回りにキャラメリゼしたもの → それに卵を加えたもの → キャラメリゼはせずに卵を加えたもの

 

と、微妙な差でしかないのに、焼き上がりにも食感にも大きな大きな変化がうまれています。

おぉぉ。。。 これは、まいった(笑)
どれもそれぞれの食感と美味しさがあり、どれにするか思いあぐねはじめたcalmo。

こんな時は試食の友へgo。

一般投票の部

私自身の想いや感想、配合の違いは全く告げず、
番号をふってお渡し。
好みを教えてね と。

チーズケーキ以来、数名の友人にこうやって受け取ってもらい、率直な意見を聞いていると
いろんなとらえ方や、好みがあることがわかり、
とても勉強になります。

ありがたや。。。

フロランタンのようなヌガーに近い仕上げのもの(エンガディーネに近い)か、
少し柔らかさのあるもの。
どちらもいいな~と思うので、あとは私の心で決めるだけかな。

 

お菓子には正解がないな  と思う今日この頃です。

チーズケーキのレッスン始まりました

ようやくいい日が続き、秋を感じます。

あれ? もさもさ。。。

連休に、少し早めに紅葉を と栃木にいってきたので、
その時に川辺で切ってきた薄。

朝はシャンっとした形で、秋だわ~ って思っていたのに、
レッスン後にみたら、もっさもさでした。。。。
こりゃ、今日中に捨てないと、掃除が大変だ💦

 

さて、今回は、たくさんの試作を何人もの友人と楽しみ、(いや、押し付け?)
楽しい試作のちの納得の出来栄えです。 試作はこうでありたい(そうはいかないのだが。。。)

今回のレッスンは、以前からやりたかったランチ付き。

普段から、おいしいと思うものをレッスンさせていただいていますが、
お料理は、その時々の食材や温度に合わせて味を調整するのが絶対においしいので、
食べていただくだけのレッスン、やりたかったのです。。。

少し秋のお味です

今回は初の試みなので、バタバタしないよう、朝にシチューをつくっておいて、
ベーグルサンドとサラダを合わせた簡単なもの。
それでも、焼いている間に、少しお料理をし、
それを召し上がっていただきつつ、お料理の話などもできるのが、やはりとても楽しかった。。。

生徒さんにも喜んでいただけたようで、今後、焼き時間が長いレッスンの時はいいな~ と思いました。

そして、主役登場。

しっとり濃厚よん

これは昨日に焼いておいたもの。 ベイクドチーズは翌日からが食べごろですので、
本日のデモンストレーション分は明日のご試食となります。

 

ちなみに、みなさんのお持ち帰りは15cm直径のチーズケーキですが
デモンストレーションは、こ~んなちいさな、4名食べきりサイズで行います。

手のりサイズ

このケーキ型、我が家はかなりよく使うのですが、
食べきりだし、人に差し上げるにも遠慮されすぎないサイズでよく、重宝しています。

クリスマスなどには、手前の土日で家族でお祝いをするので、大きめに作るのですが
その時に、このサイズのスポンジもやいておくのです。
そうすると、クリスマスイブ=ケーキ という発想の子供たち向けに、小さなお楽しみが作れるというわけです。

おすすめデス。