カテゴリー別アーカイブ: 家族のこと

ええ魚が入ったら。。。 の会

先週、市場にいったら、「今日はなんなの?」と思うくらいに魚がたっくさん!

豊洲市場オープンの日だったのだけど、だからといって魚がたくさん取れるわけではないだろうに。。。

サバもアジも鰯もヒラメも立派立派。

その中でも、目に飛び込んできた立派な太カマス。
今まで見た中で一番立派でした(写真忘れました💦)

で、おじさんに「お刺身なら平づくりかなぁ?」と聞いたら、「それより皮はひいちゃだめだよ。炙るか湯引き!」と言われました。

そういえば、去年築地のお寿司屋さんで、カマスの炙りを塩で食べたゾ。。。

と、思い出し、炙りました。

2本買っておいたので、1/2本だけ、友人とのランチタイムにだしちゃった♪

ちょっとだけフライング

脂ののった皮目が香ばしく、すだちと塩で甘みも引き立ち、
「う~ん!料亭!」 の味でした。

その日の魚でひらめきの料理、そんな料理教室がやりたい。。。→ 「ええ魚が入ったら の会」

 

この日は、辛い物リクエストで友人と早々とスンドゥブチゲランチ。

思わぬ前菜に主役を持っていかれたスンドゥブ君です。

夜は長女と夫中心にカマスを炙って出しました。
タイミングよく、数日前に富山出張で夫が買ってきた日本酒もあり、来るべき時にきたカマス君、おいしくおいしくいただきました。

 

ちなみにカマスは2本で480円。

安い!

また出会いたい!!

暑い~💦 こんなときこそ。。。

この夏は、「地球が明らかにおかしい。。。」と大人なら誰もが感じたのではないでしょうか?

子供のころの「暑い」 とはレベルの違う灼熱の日々。割れるような雷。
真昼はうっかり出かけることもできないくらいでした。

そんなとき、次女に作りたいと言われて久しぶりにパン作り。

ふわふわを編むのは楽しい

ツォップ

ポップシュガーが楽しい、モチモチのレーズンパンです。

久しぶりにパンを作ると。。。

 

ハイ。熱が急上昇なcalmo。

大納言のリュスティック

3日に1回くらいは焼いて、朝食にランチにと楽しんでいます。

なんといってもこの気温!

クーラーをつけていない2階の部屋はまさに、発酵温度32度(いや、こえている。。。)

水分の多いパンも、ぐんぐん発酵。状態もよく、オーブンでの伸びも抜群でした。

 

予定があれば冷蔵庫で発酵させればよいので、
最近のcalmoはこねる→2階で発酵→冷蔵庫へ移動→ジムやお買い物→帰宅後に焼く という日々ですが、
気が付いたら、「私、今日、パンとしか会話していない?」と思うこともあります。

でも、9月は今週を過ぎたら学校行事に、レッスンにと大忙しなので、
少しひきこもるくらいでちょうどよい気がしています。

 

次女「次はクロワッサン焼いて~」

私「絶対ヤダ~」(だってべたべたになるぅ~)

 

ついつい。。。。

楽しい夏休みではあっても、非日常なキャンプや猛暑や
やっぱり毎日ずっといる子供(笑)により、「つかれてるな。。。アタシ」と思う今日この頃。

部活が1週間休みになった長女、
体重計にのるたびに「うっわ~💦  やばいよ~」 と、”やばい”という雰囲気なく、
笑いながら叫んでいます。

夏休みで3キロ増。若いからいいものの、私や夫がそんなことになったら
もう戻せないわぁ。
そんな私も1キロ増。夫も増えたらしい。
(ガリガリ食事興味ゼロの次女は0.1キロも増えない というのが、彼女らしい。。。)

そんなこともあり、お盆あけは「ちょっとヘルシー志向ないっ週間にしようか?」 と合意。

まずは群馬のお野菜を食べ切ろう

群馬のキャンプ帰りに買ったつるむらさきやナス、モロヘイヤなどなどで
翡翠麺の和風冷麺とお惣菜たち。

BBQの残りの焼き肉と、今月のレッスンで作ったきゅうりの中華漬けを
これまた残っていた焼き肉のたれで炒めました。
これは我が家の定番メニューでして、
きゅうりの酸味と焼き肉のたれのパンチのきいた味があうのです。

で、週明けに久々に市場にいって、うっかり魚をかなり買ってきました。うれしくて~。

夜の写真は苦手デスが一度はとっておきました↑

まずは鰹のたたき。
我が家は胡麻をまぶしたたたきが好評です

鰹の端っこで作ったユッケ、残り野菜と春雨の酢の物、ナスとモロヘイヤのお味噌汁。
野菜だしいいか~といろいろ作っていたら、うっかり食べ過ぎた夕飯でした(笑)

鮭の焼き漬け。

きれいな銀鮭も買ったのでグリルで焼いて、
すだちのきいた漬け汁へドボン。
今日食べても明日食べてもおいしい、メインなのに常備できる便利な一品です。
漬け汁は残ったら、次はサバなどをつけて、幽庵焼きにもできる優れもの。

夏は「簡単においしく」というテーマでレッスンをすることが1度はあるので、
来年の夏にご紹介しようかなと思っています。

 

焼き漬けは急いで食べなくていいので、先にサバの塩焼きと茶碗蒸し。
そして翌日はとりつくねと酢の物と赤出汁、その翌日に焼き漬けとみぞれ汁とお浸し。

 

で5日たった昨日。

長女に「ねぇ。 洋食食べたい」 と遂に言われました(笑)

そのあとに続いたセリフ
「もう体重戻ったしね~」

 

若い。。。 若すぎる~
今週から部活が始まったこともあるだろうけど、うらやましすぎます。

ということで、今日は洋食じゃぁないけど、唐揚げにでもしようかなと思う13歳を持つ母calmoなのでした。

和食だけの1週間、なかなかよかったナ。。。
でも、私も夏休みに増えた1キロは戻りました。 ヘルシーweek万歳♪

 

 

ルルララはつづく。。。

先日、記事でもご紹介したルルララのお菓子シリーズ。

タルトの本は見ぬふりをしていたら、翌週、「まま!もう一度借りてきたよ!」とニコニコ(笑)

逃がしてはくれない笑顔の天使。。。

結構ちゃんとしているノ

なんて楽しそうに見えてしまうの!

で、「今日は暇?土曜日は教室?」とスケジュールまで聞かれ始め、
まぁ、こういうことも今しかお付き合いできないものね。。。  と
高学年になってすっかり「料理?興味ない」と言った長女を思い出して、腰をあげました(腰、重すぎ?)

思わず、あ~、ここは混ぜない方がおいしいんだけどな~ とか思ったりするんだけど、
ニンニン。。。 本通りにすすめますヨ。
がんばってバターと粉をまぜ、生地作り。 ここで30分休ませるのですが
お友達が「あそぼ~」っと来たので、ポイっと洗い物も放置され
2日寝かせました。 ま、ちょうどよい。。。

 

で、2日後、いきなり思い出したのか、学校でお友達に声をかけてきて(なんて自由なんだ。。)
もちろん、みんなノリノリ。

本には従わず、ハートや水玉をつける子供達。 お~。なんて柔らかい頭なの!

 

私が子供の頃、姉がこうやって友達を呼んで、母と一緒にパンを作っていた記憶がありますが、
私が3年生くらいになったころは母も忙しく、こういう機会はありませんでした。
(あ。いや、母ヨ、いまさら恨んでいません (笑))

だから、いいな~~~~ と思っていたので、
ちょっと面倒でも、やらせてあげたいな と思っています。

ぎゃ~ぎゃ~、わ~わ~ 騒ぎながらのお菓子作り。
かわいかったです。。。。

 

仕上がりは、全員超ニッコリなお顔で写っており、載せられません。。。。

ここが私の詰めのあまいところ

 

そして昨日、またなんか新しいのが図書バッグにはいっていたな~(笑)

ルルララ。。。

ルルとララってご存知ですか?

ルルとララのおかしやさんシリーズ。

長女も何冊か持って帰ってきましたが、これ、結構本格的なお菓子レシピ付きなのです。

まず持ち帰ったのはスイートポテト。
ぐっちゃぐっちゃになるからやだな~💦 とみてみたら、
卵黄、バター、生クリーム、シナモンがはいる、「おぉ。。本格派。。。。」
しかも子供の本なのに裏ごし付き(笑)

で作りました。(裏ごしはもちろん途中でバトンタッチ)

疲れました。。。

焼き色がつかず、思わずバーナーで焼いちゃう、結局楽しんでいる私ではありますが。。。

もちろん娘大満足。長女も「おいしい!」というもんだから、ますます楽しくなっちゃったようでして~。。。

毎週、学校の図書の時間がある曜日には帰ってくると
「ママ。次はね~♪」とおもむろに出てきます。

しかもアレンジもいろいろ載っており、この日は冷凍してあった苺をピュレにし、
苺ミルクプリン。

いい雰囲気にとってみよう。。。

合羽橋で昔かったな。。。。 と思うゼリーカップを久しぶりにだしてきました。
(使えたのでよかったかも。。)

ちなみにこのプリンは、ちょっと私は苦手な感じで、レシピも見るからに甘ったるそうだったので、
こっそりレモンを絞っておきました

長女も「酸味がほしい。。。」と同じことを言っていたので、
ラズベリージャムをのせたらおいしかったようです。

そして「ママ!じゃ~ん!」と出たのがこれ。

ってか、子どもなのに難易度が💦

う~ん。結構本格的だわぁ。。。

 

お話もたっぷり載っている本なので、娘は
ルルル ラララ♪  と読んでいます。。。

 

私?

ルルララ地獄と呼んでいます。

検索したら20冊以上はありそう。。。
こりゃ、しばらくつづくぞぉ。。。

ピカピカ

桜は散りましたが、この週末はあちこちでピカピカの制服に身を包んだお子さんと
ご家族を見かけました。
まだ制服のなじんでいない新一年生って、本当にまぶしい~

 

我が家もピカピカさんが1名。

ハイ。桜があるのは、前撮りです(笑)

ランドセルが傾くと体も傾く。。。
華奢なのでますますランドセルに背負われている1年生です

雨予報も、この強風のおかげか、雲も晴れ、
青空に祝福された入学式。

ことごとくお友達(私も含め。。。)とは同じクラスになれず、
あぁぁ~ とガックシはしましたが、
ここからの6年間。 たくさんの出会いとつながりができることを楽しみにしています。

まずは次女が学校という中で、どのように和を広げ、
成長していくのか、期待と少しの心配とともに見守りたいと思います。
わくわくして早く起きてくるかな? と思っていたけれど、
私が5時過ぎに目が覚めてしまった。。。

 

お母さん、落ち着いて。。。(笑)

先日のこの写真をインスタあたりで見てくれた友人が「食べたい。。。」と。

「よし。つくりまひょ。来なはれ」

と、もちろんこんなコテコテ京都弁では言いませんでしたが。。。

ワタクシ、卒園イベントでちょいと大役をおおせつかりまして、
一緒ののりきる同志とともに決起お茶会をしました。

ガラスっていいなぁ。。。

だんだんカスタードが好きになってきました(今更?)
ピーチクパーチク(←死語)
パンもパスタもコーヒーも紅茶もタルトもお土産のクッキーも。
あれよあれよと平らげ、気づいたら6時間。

いや、長居しすぎでしょ(笑)
幼稚園ママの世界、おそるおそる入り込みましたが
よい友人たちに恵まれ、楽しい思い出ばかりの3年間。

あ。。。。 だめだ。泣けてくる

 

再来週にはもう卒園です。
体も心も大きくなってきました。

あぁ。。。↓にもどってほしい。

13歳の方ももどってくれないカシラ?

ワン

今年は戌年。

いただく年賀状にも、みなさんの愛犬がばっちり写っていて、
犬好きの私はとっても楽しい。

この仕事を家でする以上、犬を飼うことはないけれど、
ご近所を散歩するワンちゃんやその飼い主さんとはすっかり仲良くさせていただいています。

ありがたや。。。。

 

去年の夏、母の愛犬がなくなりました。
ちょうど帰省の予定があったところで、もうだめそう と聞いていたので
お別れもできるかな と思っていたのですが、
着く前日になくなってしまい、夏ということもあって、すぐに火葬となり
会えませんでした。

父や祖母、その前に買っていた犬などがどんどんなくなっていく中、
母を支えたであろう愛犬の死は、とてつもなく大きなことなのですが、
最後の1年半ほど、自然なこととして愛情もって介護し続けた母にとっては
やるだけやって命を全うしたお別れであったようです。

母に飼われる犬はいつも幸せです。

 

そんな別れなので、母は気持ちを落とすことはなく、
毎年恒例の絵手紙の年賀状に加え、年末に箸袋を届けてくれました。

パグがうまい!

家族4人それぞれに違う犬をかき、メッセージを書いてくれています。

もちろんうれしいのだけど、それよりも私と夫は
「お母さん、今年も元気ってことだね」 と、違う安心。

いつものことながら少しオトボケがはいる母なので、
メッセージはあるものの、これ、誰宛?? と思う内容で、
私と夫の分はどっちがどっちかいまいちわかりませんでした。

でも、そういうの含め、楽しい箸袋でお正月を迎えました。

来年はイノシシ。
母、描いてくれるかな?(笑)

おせちハーフレッスン と13歳

年賀状、大掃除など、

やらなきゃね~。。。 と横目で見ている間に走り去る12月。
もうあと2週間ですね。。

年末に控えるおせち教室ですが、
その前にひとつ、大きな仕事を終えました。

おせちハーフレッスン

ハーフとはいえ、9品目のレッスン。
今年ご紹介しない品目も、ご試食としては作っておいたので
お重の中はもうお正月。

野菜の漬け方やごまめ(田作り)の調味料を煮詰めるポイントなど
なんとなく知っていたことを、あ、そうか! という生徒さんそれぞれのキラリを
得ていただいていれば幸せ。

普段のお料理でも活かしていただきたいな。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

 

さて。去年も今年も、おせち教室のど真ん中で長女の誕生日がありました(ごめん)

やっぱり当日にお祝いがいいかなっと、平日だったのですが
「何食べたい?」と聞いたら
「たこやき」と。。。

 

それでいいのか???

 

と思いましたが、結果的にとってもありがたい。
楽ちんだし、キッチンを使わないので、レッスン準備への影響がない(笑)

スポンジは前日にやいておいたので、
レッスン後にタコ焼きの準備をし、幼稚園から帰ってきた次女と苺の盛り付け。

なのですが、やっぱり、いろいろ片づけなどもあってバタバタになり、
結局、夜に部活から帰宅した長女本人も巻き込んでのケーキ作り。
まぁいっかぁ。。。

たけのこの里?

これは絶対にやりたい と次女↑
ニョキニョキとクリームが生え始めました。

大人になってきたな。。。

でも苺とろうそくが乗っちゃえば、りっぱなケーキ。

モコモコのクリームが気にならないわけではないけど
子供自身が作ったケーキでのお祝いの方が、きれいなケーキよりも楽しいわ と思いました。
(でもクリームを塗るのはやっぱりやらせることができない、大人げないアタシ。。。)

13 のろうそくを立てたかったのに、当日買いに行ったら(前もってができないアタシ。。。)
1と3だけうりきれている!
今年は13歳と31歳が多いのか? と一人で突っ込みつつ、13本のろうそくを買ってきました。

そろそろろうそくが狭くなってきたぞ~。

ここでQ&A

12歳はどんな一年だった? → 受験がおわった。遊べた

13歳はどんな一年にしたい? → 勉強をもっと効率よくして、もっと遊ぶ時間を増やしたい

 

とのことです。
つまり、とにかく遊びたいんだね?(笑)

まぁ、13歳なんて体は大人なみになってきたけれど、そんなものですね。
あんまり大人になられても寂しいものもあるし、「そうね。効率よく のところ、がんばれ」と言っておきました(笑)

 

番外編
半分のこったケーキを翌日食べました。

次女、食べる前に舌がでてる

 

ギャフン! 

なんて、擬音語を使っている場合ではなく。。。

毎年日帰りで川遊びにいくのですが、
今年は泊りでいこう! と友人一家とルンルンで行ってきました。

なのにまた雨!

最近の私たちってどうしたのかしら?(というか、東京、雨フリスギデス)

まぁ、それはいいとしましてぇ。。。

グツグツ バゲッドかもーん

ベーコンブロックとニンニクのオイル煮

うっ バゲッドにつけて一杯がうまい! と、完全に浮かれポンチな大人4人。
という、なんとも楽しい夕暮れ時。

 

そして12時間後くらいのコーヒータイム(翌朝)。

パーコレーター

この間に起きた事件とは。。

ある意味大けがをした私は、震える手で、このコーヒーに命を注ぐのでした。。。。

この器具、たぶんコーヒーいれるんだよねぇ と思いながら、何年もただのヤカンだったのですが、
やはり調べたらパーコレーターというコーヒー抽出器具。
使い方も調べて準備していったというのに。。。

 

41歳。けがはこれで最後にしたい。。。

次のレッスンまで2週間ある ということだけがすくいで、
どうにか復活できそうですが、夫曰く「火曜サスペンス劇場かと思った」と今でこそ笑ってくれる失態により、
ワタクシ、人生2度目の脳CTを取ることになってしまったのでした。
(不幸中の幸いで、問題はありませんでした)

泣いちゃおうかな と思うほどに痛かったけれど、
昨日あたりから、自分でも驚くほどの回復ぶりで気持ちも元気になりました。
普段から筋トレなどしていたのが、少しは役に立ったのかもしれないけれど、
無茶は禁物でござります凹

 

いやぁ、笑えないけど、笑うしかない

タイ旅行③ 合流~海

タイ旅行は前半はバンコク+アユタヤ観光で、娘もお友達と会えて長女優先な旅。
サイト4日だけ、次女と夫が合流しました。

5歳の子を一人で連れてこれるのがすごい と皆さん。
まぁ、そうなのかしらぁ。。。

うちの子は月の半分の週末は私がレッスンデーですので、
毎回どっぷりとパパと過ごしていますし、
去年長女が受験だったこともあって、私と長女がママチーム、
夫と次女がパパチーム という意識が次女自身にもあり、
とっても仲良しです。

なので大丈夫(と私が言っちゃぁいけないか。。。)

やっぱ象でしょ

想像をはるかに超えた大きさ

おおきさワカル?

涅槃像。
うわ~、こんなに大きいの??? ととってもとっても感動したので、
昔一緒にバンコクを旅していた友人へLINE.

そうしたら、信じられないことに
「一緒に行ったよね」 と言われてしまいました。。。。

 

こんなに大きくて感動したのに???

私の記憶は大丈夫でしょうか?

 

と、不安はさておき、アッついなか1日観光を楽しみました。

しかし、バンコクは次女には意味不明だし、観光も疲れるだろうから1日だけにして、
後は海へ。

とその向かう途中にある、それはそれは大きくて、
柵の低い(時にはナイ)動物園にいってきました。

どあっぷ

恐れをシラナイ。。。

せめる次女↑

へっぴり

逃げ腰の長女↑

と、性格が表れていて、おもしろい。

まぁ、象なんかは手を出したら鼻の中に入っちゃったし、
ライオンにエサをあげられちゃうし、野生の猿には襲われそうになるし(本当にこわかった。。。)で、
怖がる方が正解なのかもしれないけれど。。。

このフラミンゴとの写真、表情が抜群で、引きつり笑いの上に、目線はフラミンゴから外せない長女。
今回のベストショットです(笑)

ゴルフカートを自身で運転して広大な土地をめぐります。

一度次女がおっこちタ

いやはや、楽しかったです♪

そしてそのまま海へ。
激しい雷雨に見舞われて、こりゃだめか? と思う時間帯もあったけれど、
それも長くは続かず、穏やかな天気で過ごすことができました。

肉付き上昇中の中1と
骨皮な年長さん

水深3Mほどのプールが気に入った上に、
途中から長女「海はべたべたするからイヤ」
次女「しょっぱいからイヤ」 と、なんで来たんだ? という発言をし始め、
プール三昧

ひたすら泳ぐ二人を夫と交代で見ながら、夫と交代でマッサージに通う私たち。
タイ古式マッサージ最高!

 

初日の夕飯は、夫は「タイ料理♪」となっていたけれど、
長女が恐怖症が始まっていたので、やめよう ということになり、
何年振り???? と、いってきました。

ハードロックカフェ 安定のtheアメリカン

私の高校留学時代の10キロ増の原因↓

ナチョス

子供も大好きなアメリカンな料理で、娘たちは楽しそうだったし、
私もひぇ~って思うほどの大きなカクテルをみて、
若いころを思い出し、楽しかったです。

やはり子供とくるならリゾートに限るな~ と、
そもそも的なことを実感しつつ、そろそろ旅も終わりになるのでした。。。

 

タイ旅行①

とってもとってもご無沙汰してしまいました。

中学を控えたこの春休みは、まさに「浮かれポンチ」(わ~、昭和~)なスケジューリングで。

受験が終わるや否や、毎週末スキーにいき、バランス感覚の良い次女はサクッと板に乗り、
初級コースなら、手助け不要のスピード狂になりました

偶然といえ、13年目を迎えてポンコツ音が愛くるしい我が家の車も、
さすがに修理が重なりお別れとなり、新車を購入。

そして、中学になるとなかなか休みも合わなくなるだろう と企画して、
私にとっても17年ぶりとなるタイに行ってきました。

大好きなブーゲンビリア

真夏の温度のバンコクなどで観光をするには次女は小さすぎるので、
前半は長女と二人旅。

よく見ると怖い。。。

娘もこの1年でズズン!と大きくなり、自分たちが思っている以上に「そっくり」だそうで、
この写真を友人に送ったら、「どっちがどっちかわからん!」と、
まぁ、関西人なのでオーバーとはいえ、そんな状態らしいです(笑)

世界遺産

この服も、上下とも私のだし。。。

大きくなってしまったわぁ。

二人旅。いろんなことが話せるのかな と思いきや、徐々に口を閉ざし始めた思春期。
なんだかな~ と思いつつも、そういう時期なのかもしれません。

普段通り注意することも山盛りで、旅行に来てまで~ と残念な部分もありましたが、
刺激は満点。

落ちたら死んじゃいそう。。。

パッション~

恐る恐る口にしたパッションフルーツのしぼりたてジュースに、
すっぱい~!と言いながらも、虜になったり、
屋台で指さしてお昼ご飯を買ったりと、日本ではなかなかできない体験を楽しんでいた様子です。

 

バンコクは、生徒さんからも「今や、六本木みたい」と言われていて、想像どおりではありましたが、
建てたいだけ建てたね。。。。 と苦笑してしまうビルの数々で、大都会。
昔の記憶とはもう果てしなく異なる発展ぶりでした。

 

そして、この旅の目的の一つ、2年前からバンコクに住んでいる娘の友達にも会い、
お宅にも泊めていただき、車であれこれ雑貨屋さんを巡ったり、おいしいものを食べに連れて行ってもらったり。

自力で回る旅行ばかりしてきた私ですが、
子供もつれているので、ストレスのない、快適な旅を提供してもらえて
本当にありがたかったです。

子供たちは、バンコクまで運んできた卒業アルバムを見ながら毎晩毎晩クスクスキャッキャッ と
よくもそこまで とあきれるほどに楽しんでいました。
もちろん母たちも合えば結局育児の悩みや愚痴や笑い話をしていて、
どこにいてもやることは一緒

毎晩夜更かし。毎朝超早い。。。

 

楽しいけど、日々疲れを蓄積していくのでした

卒業と入学と背伸び?

長女が小学校を卒業しました。

まだまだ綺麗~

メンズ長女。この期に及んでもスカートははきません。(母、もうあきらめました)

重そうによろよろとランドセルを背負っていた6年前には卒業の日なんて想像できなかったけれど
たくさんの思い出と悩みと笑い(と怒り)とともに、特に後半はあっという間に過ぎ去りました。

どこがそんなにおっきくなったわけ? と思うのですが、
ランドセルは一番長い長さに調整しても、きつくなり、
私の細身のシャツなどは、お年頃の私よりもはるかにきれいに着こなす12歳。
まだまだ子供 と思っていては、ついていけなくなりそうです。

わりとカラリとした卒業式がおわり、いつまでも学校から立ち去ろうとしない子供たち。

卒業アルバムに寄せ書きをしあっていました。

いつでも会えそうだけれど、やはり学校も離れてしまう友達も多く、
卒業という区切りを子供たちなりに受け止めているように思いました。
小学校とは明らかに違うであろう、自己責任と自己成長の中学校期、みんな充実した日々を過ごしてほしいな。。。

 

さて、入学卒業に際していろいろと支度もあり。。。

めざせ、広瀬すず

1回1名のみに対応してくれる美容院で、初の(?)サロンカット。
広瀬すずなのか、ちびまる子ちゃんなのかわからないけれど、
娘らしい髪型になりました♪

制服も来ました。
1年生の制服が大きいのは当然とはいえ、ジャケットからシャツの袖が出るのが
私が気になり、結局、シャツもジャケットも肩回りや袖周りを調整。
久しぶりの針仕事に、コリコリです

節目なので、写真館で姉妹ショット、家族ショットも取ってきました。
ああやってとってもらうと、なんだかとっても上品な家族に見えるわ~ と
写真のpowerに驚き。 (内情は、喜怒哀楽満載で、落ち着かない我が家です)

塾をやめて、英会話を通い始め、「エァ、エァ、エァップル」と、ほほえましい声も響き、
早くも中学から出された宿題にぶぅぶぅ言いながらも、
新生活にわくわくしているのが見ていてわかります♪

と、なんだかおめでたいことやうれしいことがたくさんの春休みです。

 

そして、これは受験に受かったら と約束させられていたので仕方がないのですが~。。。

アクオス携帯 来ちゃった~(泣)

来てしまった。スマホが。。。。

入れてしまったLINEがぁ。。。。

いろいろと約束をしたうえでのスマホ購入でしたが、
もちろん、新しいおもちゃを手に入れて、ご執心の娘。
今は大目に見ているけれど、また私のストレスが増えました。

思ったよりも、スマホを買ってもらう(特に男子)子が多かったようで、
LINEで招待しあってグループがいくつもできていて、
先日、朝起きてきて「うるさいなぁ」とふと見たら
未読212件。

 

。。。。。。

ありえません。

 

子供とスマホとうまくやる方法。 本当に知りたい。。。

「中学入ったら原宿ね!」というやり取りも耳に飛び込んできたし。。
背伸びしすぎだよぉ。

中学生活、楽しみ>不安。。。 いや、楽しみ<不安かもしれない。
オラ、東京さコワイ。

 

友チョコとお礼チョコ

我が家のメンズな長女は、2年生の時に友チョコイベントに参加して以来
「面倒だ。。」といい、離脱(笑)

ですが、今年はバレンタインパーティーとやらを友達と行うらしく、
突然、友チョコを作る!と友達ときめてきました。

もう12歳だしある程度は自由にやってもらおう なんて思っていたのが甘い甘い。

買い物も無計画だし、チョコは直火にかけるし、ミキサーで混ぜるし
道具は拭かないしで、 遠目から見ていたのに、あっ! っと言わざるを得ず
結局は、横で夕飯の支度をしつつ、ぜんぜん支度が進みませんでした。。。

くわえて、「やりたい~」とぴぃぴぃ次女がいうのに、
やらせたくないオーラ満点の12歳たち。

「うわ、いい出来~」と自画自賛のチョコと、洗い物の山を残し、終了
「たまにはお菓子作りしようか~」って、どの口が言ってるんだか。。。

でもとにかく楽しそうでした。いいなぁ。。。。
で、不満がたまった次女のため、そして
お礼したい方々への少しの贈り物をつくるべく、翌日、娘二人と作りました。

しっとりブラウニー

レッスンでも好評だったオレンジと胡桃のブラウニー。
簡単でしっとりとしあがり、われながらいい出来だ~と思ってご紹介しております。

子供たちも大好きだし、これは子供とのバレンタイン向き。

12歳、5歳のそれぞれのできることとやりたい気持ちを組み入れつつ、
ハラハラな1時間でしたが楽しかったです。

私もヤルモン!

前日のわけのわからないチョコレート作りを見ていたので、
子供相手ですが、「チョコっていうのはね。。。」
と、なるべくですがわかりやすく、温度と混ぜ方の話をしておきました。

うんうん と首を縦に振っているけど、こりゃ、全然聞いてないな。。。 という感じでした。

ほんと~に、腹が立つわぁ(笑)

 

 

 

5th Bday♪

まだまだとってもかわゆい次女、
早生まれで待ちに待ちに待ちに待ったお誕生日きました。

5歳。 おめでたいけど、だんだん大きくなるぅ(泣)

おねえさんの食卓ヨ

今年はいろいろと後回しにされがちだった次女なので、
お誕生日当日にお祝いしてあげたくて、準備しました。

少しかわいくテーブルをと思い、ピンクベースでセットし、乙女な次女が喜びそうなお花を添えて。
帰宅した夫もピンクのバラを持っていて、考えることは一緒だな~ と感じました。

 

みんなが歌って、ろうそくをつけたケーキが近づいてくるときの子供の顔。
最高です。

食べない次女でも食べそうなものを と思い、
夕飯はミートパイ、お料理版フレンチトーストを中心にこまごまと。
ケーキはリクエスト通り、チョコ生地に生クリームのショートケーキ。

この当たり前なお誕生日のお祝いが、家族にとってはとっても大切な時間です。

うたぴー、いい日をありがとう