梅雨前には手仕事を

少し前にはなりますが。

そろそろやっておかないと、旬が過ぎてしまう。。。
と、同時に梅と山椒を買ってきました。

去年は梅干しもつけたけれど、やっぱり冷蔵庫スペース的にも
こっちだな。。。 と、今年は青梅煮だけにしました。

青梅煮は2年前のレッスンでご紹介していますが
「え~💦 あのあま~いやつぅ?」と警戒していらっしゃる生徒さん数名(笑)

でもこれは違うノ。きゅんっ と甘酸っぱく、実も口の中でほどけていく柔らかい一品。
レッスンをして以来、何名もの生徒さんが、梅雨前の手仕事として生活に取り入れてくださっており
ファンが増えてにんまりなcalmoです。

西日も使いよう(笑)

つくるのは今の時期ですが、密閉して夏までおいておきたいので、小分けにして瓶詰めします。
あつ~い日に、汁をソーダや氷で割るのがおいしいの。
でも、ついつい、いただきものをした時などに、アリガトウとともにお渡ししたくなっちゃって、
たいてい夏にはありません。
もう1回作ってもよいのだけど、あぁ、もうないのかぁ というくらいが、こういうのはちょうどいいかなって思っています(イイワケ)

左の黒っぽいのは梅醤油。
少し黄色くなり始めている梅を数日放置し、完熟にさせてからお醤油にドボン。
2週間ほどすると、ほのかに梅の香るお醤油となり、
鯛のお刺身などを上品に食べさせてくれる超簡単な手仕事です。
梅が余ったら試してみてくださいネ。

そして、梅よりはるかに、見ないふりをする確率の高いのがこれ↓

実山椒

実を房から外すのが、小さな作業で大きな疲労
目にも指先にもコリコリ来ちゃいますが、やっぱり1年これがないのはさみしいから。。。

やるなら一度に!と、意を決して(?)3パックも買ってきたので、
夕暮れ時に黙々と、ブツブツつぶやいてしまいそうな暗いcalmoでありました。

下処理をしたら冷凍庫にポイ!

ここまでやっちゃえば、ちりめん山椒だって牛肉しぐれ煮だって超美味しく作れちゃう。
やってよかった。がんばったね、私! と思えるのです。

 

手仕事、好きなんだけど始めるまでのこの葛藤っていったい何だろう(笑)
細かいことも結構好きなんだけど、それと同じくらいめんどくさがり という、
私の2面性のせいですナ。。。

 

みなさんも山椒、そろそろ終わっちゃうから、ぜひぜひ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です