卵丼をつくろう

以前に予告した麺つゆで美味しい卵丼のレシピです。

この休みを利用して長女に教え、彼女が作れるようになったお料理はいくつかありますが、
作れてくれることにより「お昼おねが~い♪」と猫なで声で言えるNo.1がこの卵丼。

1回目は私と一緒に。
2回目は私は見ていて、「もうそろそろだよ」「まぜて!」というだけ。
3回目は私は見ない。→ 加熱しすぎて卵と出汁が分離して、大いに学ぶ。
4回目は私はお出かけ→ それなりにおいしかったらしい

失敗しても文句はいわない。 、「おいしいよ~」とほめて伸ばし中です(笑)
でも、よりよくなるために、作ったものをみて論理的に説明をしています。


そしてめでたく(?)5回目となった先日、レシピを上げるべく写真を撮らせてもらいました。

では、Let’s make とろとろ卵don!


めんつゆで美味しいたまご丼
【材料】3人分
・ 卵    4個 (お好きなら増やしてくださいね)
・ めんつゆ  うどん出汁くらいにして300㏄
・ 玉ねぎ  1/2個 ← 分葱や九条ネギがあったら、そっちが私は好き
・ 必要に応じて塩 (麺つゆを濃くしてもよいです)

・ ごはん 3膳分

ごはんはすでにどんぶりにセット済み   だと思うでしょ~?    オチをお楽しみに。

【作り方】
① 玉ねぎは繊維にそって(縦)、薄切りにしておく。
    分葱の場合は斜め薄切り。

危うい包丁使い(笑)
後半、切りにくくなったら玉ねぎをぱたんと倒してネ、


② 浅くて広めの鍋(我が家はパスタパン)に玉ねぎと麺つゆをいれて火にかける。 → 弱めの中火で4,5分煮ます。
※葱は白い部分のみ。青い部分は仕上げでいれるのがおすすめ。
③ その間に卵をボウルに割り入れて、しっかりと溶いておく。
④ 玉ねぎ または 葱が柔らかくなっていたら出汁の味をみて、濃さを調整する。 味がぼけていたら麺つゆを足すのではなく、お塩ね
 ↑生徒さんは耳にタコ
⑤ 強火にしてブクブクっとしてきたら、卵2/3量をザっと流しいれる!
   少し固まったらざざっと混ぜる!!!
   ↑ 急いでほしくって、「!」つけちゃう! 急がせてたら写真忘れた!

⑥ 卵が7割ほどふんわりと固まったら残りの卵を流し入れ、5秒ほど、ゆっくりと混ぜながら加熱。 ここでいれた卵は半分以上生っぽくてOK.

今、写真をみると、若干火が入りすぎている気がしなくもないですが、
⑤でいれた卵はふんわり出汁をすったフワフワな状態。
⑥でいれた卵は、「もう少し、火にかけようかな?」って思ってしまう半生加減。

この⑥がポイントです。

予熱で思いのほか固まります。
なので、いっそ生でもいいです と書きたいくらい。

この加減は、娘もそうですが、4,5回はトライしてほしい部分。 やっているうちにわかかと💦

さぁ、ごはんの上に流し込むのだ!

トロトロのうちにご飯にのせて出来上がり!!!

なのですが、この写真、手前には甘く炊いたお揚げがのっているの。

なぜかというと。。。。。
②の工程の時に、炊き立てを冷凍してあるごはんを出そうとしたら「ない!」(笑)

あら~。卵がないのと同じくらい致命的じゃないの。。。。

ということで、冷凍うどんを発見し、
ついでに稲荷ずし用に炊いてあったお揚げと共に、フワフワたまごのせうどんになったのでした。


こういうところが、私っぽいのよね~。

でも、結果的に「卵のせうどん、うまい!」と喜んでいたので、新たな発見ということで良しとしましょう。


初めて作る方は、ちょっとイメージトレーニングをしてから始めてくださいね。
そうすることで、アタフタするのが少し減ると思います。

ちょっとコツが必要ですが、トライあるのみです。